ヴラディーミル・ソフロニツキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヴラディーミル・ソフロニツキー
Влади́мир Софрони́цкий
基本情報
出生名 Влади́мир Влади́мирович Софрони́цкий
出生 1901年4月25日
ロシア帝国の旗 ロシア帝国 サンクトペテルブルク
死没 1961年8月26日(満60歳没)
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
Flag of Russian SFSR.svg ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国 モスクワ
ジャンル クラシック音楽
職業 ピアニスト
担当楽器 ピアノ

アレクサンドル・スクリャービン

ヴラディーミル・ヴラディーミロヴィチ・ソフロニーツキィロシア語: Влади́мир Влади́мирович Софрони́цкий / Vladimir Sofronitsky、1901年4月25日 サンクトペテルブルク1961年8月26日 モスクワ)はソビエト連邦ピアニストアレクサンドル・スクリャービンの信奉者にしてその演奏様式の継承者であり、その遺児エレーナと結婚した。

略歴[編集]

物理学教師の父親と、貴族の出自の母親との間に生まれる。1903年ワルシャワに移り、ニコライ・ルビンシテイン門下のアンナ・レベデヴァ=ゲツェヴィチにピアノの手ほどきを受けた後、9歳からアレクサンデル・ミハウォフスキに師事。1916年から1921年までペトログラード音楽院レオニード・ニコラーエフに師事し、ディミトリー・ショスタコーヴィチマリヤ・ユーディナの同級生となる。ニコライ・メトネルにも師事。同級生の中に、スクリャービンの長女エレナ・スクリャービナがおり、二人は1917年に出逢ってから親交を深め、1920年に結婚した。

1919年に最初の公開演奏会を開き、1928年から1929年にかけて生涯唯一の国外演奏旅行をフランスにて行う。(ただし1945年には、急遽スターリンによってポツダム会談に派遣され、連合国の指導者に御前演奏を披露したことがある。)

1936年から1942年までレニングラード音楽院で、その後は没年までモスクワ音楽院で教鞭を執った。

演奏様式とレパートリー[編集]

妻エレナと初めて出逢った時にはスクリャービンは鬼籍に入っていたため、ソフロニツキーは公的にも私的にも、生前に岳父と知り合うことはなかった。しかしながらスクリャービン未亡人ヴェーラによって、スクリャービンの後期作品の最も正統的な演奏家として認められた。ソフロニツキーの演奏は、即興的でニュアンスに富んだ雰囲気と、軽く柔らかいタッチにおいてスクリャービン本人の演奏の特色を受け継いでおり、実際にソフロニツキーによるスクリャービン作品の録音は、比類ない演奏として多くから認められている。

ソフロニツキーがそのほかにとりわけ親近感を抱いていた作曲家は、ショパンであった。あるインタビューに応じて、「ショパンへの愛情が自分の全人生を貫いている」と答えている。スクリャービンとショパンは別格としても、ソフロニツキーのレパートリーは、バッハからメトネルまでと幅広く、なおかつ19世紀から20世紀初頭に至るロシア音楽を主軸としていた。

受容と評価[編集]

ソフロニツキーは西側において、全くと言ってよいほど演奏旅行を行わず、また録音も出回らなかったため、ほとんど無名の存在だったが、ソ連国内においては高い評価を受けていた。スヴャトスラフ・リヒテルエミール・ギレリスは、ソフロニツキーを巨匠と呼んで心酔していた。ソフロニツキーが陶然として、リヒテルは天才だと叫んだ時、リヒテルは「あなたは神です」と答えたという。またギレリスは、ソフロニツキーの訃報に接した時、「世界で最も偉大なピアニストが亡くなった」と語ったと言われる。

ソフロニツキーの録音は、今でも西側では少ししか入手することができない。BMGレーベルの“Russian Piano School (ロシアのピアノ楽派)”シリーズにおけるシューマンの演奏が、このピアニストの本質を良く捕らえており、摩訶不思議で夢見心地で、しかも移り気な表現が特徴的である。フィリップスの「20世紀の偉大なピアニスト」シリーズでは、ショパンマズルカワルツの繊細多感な解釈に加えて、スクリャービンの《トリル・ソナタ》や《焔に向かって》の圧倒的な演奏を聴くことができる。日本では、デンオンから数々の音源がCDに復刻されている。

家族[編集]

娘のヴィヴィアナ(Viviana Sofronitzki)はカナダやオランダへの留学を経て、現在はクラヴィーア奏者(チェンバロならびにフォルテピアノ奏者)として国際的な活動を続けている。

外部リンク[編集]

音源[編集]