マリタ・コッホ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
獲得メダル

マリタ・コッホ
東ドイツの旗 東ドイツ
女子 陸上競技
オリンピック
1980 モスクワ 400m
1980 モスクワ 4x400mリレー
世界陸上競技選手権大会
1983 ヘルシンキ 200m
1983 ヘルシンキ 4x100mリレー
1983 ヘルシンキ 4x400mリレー
1983 ヘルシンキ 100m

マリタ・コッホMarita Koch,1957年2月18日- )は、1970年代後半から1980年代前半にかけて活躍した、東ドイツの女子陸上競技短距離走選手。活躍期間の長さと記録の傑出度から、史上最高の女性スプリンターとの呼び声が高い。女子400mの世界記録保持者で、その記録47秒60は、30年以上経った今もそれに迫る記録すら出ておらず、永遠に破られないとも言われる。(21世紀のベストはサーニャ・リチャーズの48秒70であり、コッホの記録より1秒10遅い。[1]) コッホは屋外世界記録を計16回、室内世界記録を計14回も更新している。

1977年にイタリア・ミラノで行われた室内のレースで、400mを51秒8で走り自身初の世界記録(室内)を樹立する。1979年には200mで女性で初めて22秒の壁を破った。

1980年モスクワオリンピックでは400mで金メダル、1600mRで銀メダルを獲得。また、1983年世界陸上では、3つの金メダルを獲得する大活躍を見せた。

自己ベストは、400mを始めとして、後述の通りいずれも驚異的なものである。ただし、当時の東ドイツは組織的ドーピングが盛んであったため、突出したパフォーマンスを発揮したコッホにも薬物疑惑がつきまとっている。

自己ベスト[編集]

Marita Koch (1980).
  • 100m 10秒83 (1983年6月8日)
  • 200m 21秒71 (1979年6月10日・1984年7月21日、世界歴代5位)
  • 400m 47秒60 (1985年10月6日、世界記録)

100mは、マルリース・ゲール(東ドイツ)の10秒81に次いで当時の世界歴代2位で、200mは女性では史上初めて200mで22秒を切るというものであった(当時の200mの世界記録は、コッホ自身が保持していた22秒02)。また400mでは通算して7度も世界記録を更新している[2]。特に47秒60をマークした時には、2位のオルガ・ブリズギナソ連)以外の選手を完全に振り切り、3位以下の選手に3秒近い大差をつけての優勝であった[3][4]

主な成績[編集]

大会 場所 種目 結果 記録
1979 IAAF陸上ワールドカップ モントリオールカナダ 400m 1位 48秒97
1980 オリンピック モスクワロシア 400m 1位 48秒88
1983 世界陸上競技選手権大会 ヘルシンキフィンランド 100m 2位 11秒02
1983 世界陸上競技選手権大会 ヘルシンキ(フィンランド) 200m 1位 22秒13
1985 世界室内陸上競技選手権大会 パリフランス 200m 1位 23秒09
1985 IAAF陸上ワールドカップ キャンベラオーストラリア 200m 1位 21秒90
1985 IAAF陸上ワールドカップ キャンベラ(オーストラリア) 400m 1位 47秒60
1986 IAAFグランプリファイナル ローマイタリア 400m 1位 49秒17

注釈・出典[編集]

外部リンク[編集]