マリア・デ・ラス・メルセデス・デ・ボルボーン=ドス・シシリアス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マリア・デ・ラス・メルセデス・デ・ボルボン=ドス・シシリアス・イ・オルレアンス
María de las Mercedes de Borbón-Dos Sicilias y Orleans
バルセロナ伯爵夫人
María de las Mercedes de Borbón y Orleans - 001.jpg
続柄 カルロ・タンクレーディ第5子
称号 バルセロナ伯爵夫人、スペイン王妃(追尊)
全名 María de las Mercedes Cristina Genara Isabel Luisa Carolina Victoria de Todos los Santos
出生 (1910-12-23) 1910年12月23日
スペインの旗 スペイン王国マドリード
死去 (2000-01-02) 2000年1月2日(89歳没)
スペインの旗 スペインランサローテ島ラ・マレタ御用邸
配偶者 フアン・デ・ボルボン・イ・バッテンベルグ
子女 ピラール
フアン・カルロス1世
マルガリータ
アルフォンソ
父親 カルロ・タンクレーディ・ディ・ボルボーネ=ドゥエ・シチリエ
母親 ルイーズ・ドルレアン
テンプレートを表示
バルセロナ伯夫人紋章

マリア・デ・ラス・メルセデス・デ・ボルボン=ドス・シシリアス・イ・オルレアンススペイン語: María de las Mercedes Cristina Genara Isabel Luisa Carolina Victoria de Todos los Santos de Borbón-Dos Sicilias y Orleans, 1910年12月23日 - 2000年1月2日)は、バルセロナ伯フアンの妃。前スペインフアン・カルロス1世の母。イタリア語名はマリア・メルチェデスMaria Mercedes di Borbone-Due Sicilie)。

生涯[編集]

両シチリア王国の旧王家ブルボン=シチリア家出身(最後の国王フランチェスコ2世の甥)でスペイン王子でもあったカルロ・タンクレーディと、その2度目の妻ルイーズ・ドルレアンパリ伯フィリップの娘)の次女として、マドリードで生まれた[1]。父が軍務に就いていたセビリアで育ち、スペイン第二共和政が成立すると、一家はカンヌへ亡命、後にパリへ転居した。

1935年1月アルフォンソ13世の王女ベアトリスの結婚式の際、ベアトリスの弟であるフアンと出会い、同年10月に結婚した。1942年にフアンにはバルセロナ伯位が授けられた。

一家はカンヌとローマに暮らし、第二次世界大戦が勃発すると、フアンの母である王妃ビクトリア・エウヘニア(エナ)ローザンヌに暮らした。戦後、一家はエストリルで暮らした。1976年、フアン・カルロスのスペイン王即位に伴い、一家はスペインへ帰国した。

1982年に臀部を骨折、1985年には左大腿骨を骨折し、晩年は車椅子での生活を余儀なくされた。

マリアはアンダルシア文化と闘牛をこよなく愛した。孫娘である王女エレナが挙式をセビリアで挙げたのは、マリアがセビリアを好んだからであった。セビリアを本拠地とするレアル・ベティスのサポーターでもあった。

2000年1月2日、スペイン王室揃って新年を祝ったランサローテ島の別荘で、心臓発作のため薨去。葬儀は王妃の礼をもって執り行われ、エル・エスコリアル修道院に埋葬された。

子女[編集]

2人には4子が生まれた。

備考[編集]

  1. ^ 父の先妻はスペイン王アルフォンソ12世の第1王女で同名のマリア・デ・ラス・メルセデスであり、またアルフォンソ12世の最初の王妃(この王女の母ではない)も同名のマリア・デ・ラス・メルセデスであった。