マラウイにおけるLGBTの権利

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マラウイにおけるLGBTの権利
マラウイ
同性間の性交渉 男性では違法、女性では合法[1]
刑罰:
14年以下の懲役刑、身体的刑罰[1]
性自認/性表現 -

本稿、マラウイにおけるLGBTの権利では、マラウイにおけるLGBTの法的状況について扱う。

マラウイでは、同性愛行為は非合法である。同性愛は刑法153条の"風俗犯罪"に規定されているほか、刑法156条の"公序良俗"に関する規定によって処罰されている[2]。また、マラウイの地元住民と同性愛行為を行った観光客は、刑法156条により起訴され、国外退去となる可能性がある[2]

2009年の12月下旬には、2人のゲイの男性であるTiwonge ChimbalangaとSteve Monjezaが、伝統的な形式の結婚式を行ったことで逮捕された。なお、同性愛者同士がこのような結婚式を行ったのは、おそらくマラウイ国内では初の例である。彼らはブランタイヤ刑務所に入れられており、保釈を拒否されたために裁判を待っている状況である[3]

脚注[編集]

  1. ^ a b Ottosson, Daniel (2008年5月). “State-sponsored Homophobia: A world survey of laws prohibiting same sex activity between consenting adults”. International Lesbian and Gay Association (ILGA). pp. Pages 22-23. 2009年5月5日閲覧。
  2. ^ a b Spartacus International Gay Guide, page 1217. Bruno Gmunder Verlag, 2007.
  3. ^ "Malawi Gay Couple face trial: BBC News 29.12.09: http://news.bbc.co.uk/2/hi/africa/8433640.stm

外部リンク[編集]