マックスバリュ高陽店

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マックスバリュ高陽店
MaxValu Kōyō Store
MVkouyou.jpg
店舗概要
所在地 739-1734
広島県広島市安佐北区口田4丁目6-32[1]
座標 北緯34度28分5.9秒 東経132度30分21.6秒 / 北緯34.468306度 東経132.506000度 / 34.468306; 132.506000座標: 北緯34度28分5.9秒 東経132度30分21.6秒 / 北緯34.468306度 東経132.506000度 / 34.468306; 132.506000
開業日 1983年2月 (みどり高陽店) [2]
施設管理者 マックスバリュ西日本株式会社
商業施設面積 5,643 m²[2]
中核店舗 マックスバリュ 高陽店
営業時間 24時間
駐車台数 平面駐車場:76台
立体駐車場:232台[3]
駐輪台数 100台
前身 みどり高陽店→ザ・ビッグ高陽店
最寄駅 安芸矢口駅
最寄IC 広島IC
外部リンク マックスバリュ 高陽店
MaxValu logo.svg 西日本

マックスバリュ高陽店 (マックスバリュこうようてん) は、広島県広島市安佐北区に所在し、マックスバリュ西日本が運営するショッピングセンターである。

概要[編集]

1983年2月に、高陽ニュータウン南隣の口田地区の団地内に、広島の地場スーパーであったみどり (現:マックスバリュ西日本) の店舗の一つ「みどり高陽店」として開業した。

高陽ニュータウン周辺ではみどり・フジイズミの3社が店舗を計画していたが、1980年8月29日の『大規模小売店審議会 中国地方第二部会』でフジ・イズミの出店が認められたのに対してみどりは決定が保留された。このため、先行して開業していたフジショッピングスクエア高陽店 (現:フジグラン高陽) とイズミ高陽店 (現在は閉店) に比べ開業が遅れた。

1989年ザ・ビッグ高陽店に転換、2002年4月4日マックスバリュ高陽店に転換[4]をして現在に至る。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ マックスバリュ西日本株式会社チラシと店舗の情報 高陽店 - マックスバリュ西日本 (株) 公式サイト
  2. ^ a b 都道府県別・政令指定都市別・市町村別SC一覧 (PDF)”. 日本ショッピングセンター協会 (2016年12月). 2018年4月30日閲覧。
  3. ^ 平成10年度大規模小売店舗立地法法附則第5条第1項 (既存店の営業時間の変更等) 届出の概要 - 広島市
  4. ^ “ マックスバリュ高陽店 (旧ザ・ビッグ高陽店) 四月四日 (木) オープン 広島県広島市”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2002年4月15日)

外部リンク[編集]