マダム・ヌー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マダム・ヌー
Madame Ngô Đình Nhu and Lyndon Baines Johnson.jpg
マダム・ヌーとアメリカリンドン・ジョンソン副大統領(1961年)
生誕 1924年4月15日
Flag of Colonial Annam.svg フランス領インドシナハノイ
死没 2011年4月24日(満87歳没)
イタリアの旗 イタリアローマ
職業 ゴ・ディン・ヌー南ベトナム大統領顧問夫人

マダム・ゴ・ディン・ヌー(Madame Ngo Dinh Nhu、1924年4月15日 - 2011年4月24日)は、南ベトナムゴ・ディン・ジエム大統領の実弟である大統領顧問ゴ・ディン・ヌーの妻。本名はチャン・レ・スアン(Trần Lệ Xuân、陳麗春)。

プロフィール[編集]

生い立ち[編集]

フランス領インドシナ(現ベトナム)の首都ハノイで生まれる。父親は弁護士で、母親は阮朝第9代皇帝ドンカイン(同慶帝)の縁戚という上流階級の家柄であった。

高校卒業後に国立図書館で勤務し、第二次世界大戦中の1943年に、後に南ベトナム大統領の顧問になるゴ・ディン・ヌーと結婚した。結婚後、夫に合わせて仏教徒からキリスト教徒に改宗する。

反共主義者[編集]

ゴ・ディン・ヌーとアメリカのリンドン・B・ジョンソン副大統領(1961年)
クーデター未遂事件でベトナム共和国空軍機により爆撃された独立宮殿を視察するマダム・ヌー(1962年)

第一次インドシナ戦争におけるフランスの敗戦でベトミン軍がフエ市内に進駐。ベトミンと敵対したフランスや、その傀儡となっていた阮朝と関係が深かったため、「反べトミン派」とみなされた彼女を含めた一家は4ヶ月間軟禁されて、一日粥二杯のみの食事という過酷な待遇を受け、さらに長兄一家は銃殺されてしまう。この軟禁中の待遇が彼女を強烈な反共産主義者に仕立てていったとされる。

1955年に夫の実兄であるゴ・ディン・ジエムが南ベトナムの初代大統領となったが、生涯を通じ結婚しなかったため、ゴ・ディン・ジエムの実弟で大統領顧問を務めるゴ・ディン・ヌーの妻である彼女が「マダム・ヌー」と呼ばれ、事実上の南ベトナムのファーストレディとして振舞うことになった。

ドラゴン・レディ[編集]

1963年、カトリック教徒優遇政策と仏教徒に対する弾圧を推し進めたジエム政権に抗議して首都サイゴン市内で焼身自殺を完遂した僧侶ティック・クアン・ドックの行動を、「あんなのは単なる人間バーベキューよ」「僧侶が一人バーベキューになったからなんだっていうの」「西欧化に抗議するのにアメリカ製のガソリンを使うなんて矛盾してるわ」などとアメリカのテレビのインタビュー上で放言した。

マダム・ヌーのこの発言は世界中のメディアで報道され、大顰蹙を買った。当時の南ベトナムの事実上の宗主国であるアメリカジョン・F・ケネディ大統領もこれに激怒した。これは1963年11月の軍事クーデター(アメリカはこれを黙認した)の一因になったと言われている。このような発言を連発したことと、実力者である夫の威を借りて強権的な態度を取り続けたことから、欧米のメディアからドラゴン・レディという渾名をつけられた。

国外逃亡後[編集]

1963年11月の軍事クーデターでジエム大統領および夫のヌー大統領顧問は殺害されたが、マダム・ヌーは生き延び、国外逃亡した。1964年に南ベトナムに戻ろうとしたが入国を拒否され、事実上の国外追放となった。その後ベトナム戦争の期間を含めて帰国することはかなわず、アメリカやイタリアフランスなど欧米諸国を転々とした。その後統一され社会主義国となったベトナムにも戻らず、2011年4月24日にイタリアローマの病院で死去した[1][2]

1967年4月12日、長女のNgô Đình Lệ Thủyフランスロンジュモーにて自動車事故により22歳の若さで亡くなる。その45年後の2012年4月16日、次女のNgô Đình Lệ Quyênイタリアローマにて姉と同じく自動車事故で亡くなる。52歳であった。

関連項目[編集]

参照[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]