マケレレ大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マケレレ大学
校訓 We Build for the Future
(未来を築こう)
創立 1922年
学校種別 国立
学生 30,000人
所在地 ウガンダカンパラ
ウェブサイト マケレレ大学公式サイト
テンプレートを表示
マケレレ大学の時計塔

マケレレ大学 (Makerere University) はウガンダ最大の大学である。1922年に技術学校として創立された。1963年にロンドン大学の学位につながるコースを提供する東アフリカ大学となった。1970年に東アフリカ大学はナイロビ大学ケニア)、ダルエスサラーム大学タンザニア)、そしてマケレレ大学の3つのそれぞれ独立した大学に分割された。今日、マケレレ大学は22の学部・学科、研究所を有し、30,000人の学部生と3,000人の大学院生にプログラムを提供している。キャンパスはウガンダの首都カンパラにある。

マケレレ大学は多数の独立後のアフリカの指導者の出身校である。ウガンダ独立時の大統領のミルトン・オボテタンガニーカ及びタンザニアの初代大統領のジュリウス・ニエレレ、タンザニアの第3代大統領のベンジャミン・ウィリアム・ムカパ、2002年からケニア大統領のムワイ・キバキらはマケレレ大学の卒業生である。

ウガンダ独立直後の時期、マケレレ大学はアフリカ民族主義文化の教育活動の拠点だった。ソマリア出身の小説家のヌルディン・ファラー、アフリカ・イスラム研究者のアリ・ マズルイマラウイ人の外交官・詩人のデヴィッド・ルバディリ、ウガンダ人作家のオケロ・オクリ、ケニア人小説家のグギ・ワ・ジオンゴ、マケレレ大学で教鞭をとったアメリカ人小説家のポール・セロー、ウガンダ人作家のピーター・ナザレスらは、いずれも創作活動や研究活動の一時期をマケレレ大学で過ごした。

2008年から2010年にかけてノルウェーベルゲン大学オスロ大学と東アフリカ司書・情報科学学校(EASLIS)とともに、南スーダンジュバ大学蔵書検索電子化などを推進する「ジュバ大学図書館自動化プロジェクト」に協力した[1]

脚注[編集]

  1. ^ Universitetet i Bergen(2009)"Juba University Library Automation Project"(英語、2011年7月15日閲覧。)