ポール・アンソニー・テレック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ポール・アンソニー・テレックPaul Anthony Terek1979年10月20日 - )は、アメリカ陸上競技選手である。ミシガン州ディアボーン出身。身長190cm、体重91kg。専門は十種競技。既婚。

主な成績[編集]

大会 開催地 結果
2003 世界陸上 パリ 12位
2004 アテネオリンピック アテネ 21位
2005 世界陸上 ヘルシンキ 13位
2007 世界陸上 大阪 10位

日本でのテレビ出演[編集]

2006年10月11日TBSのテレビ番組「SASUKE」第17回に出演。有力選手の多くが小柄なこの番組において、190cm91kgという体躯のポールは初出場ではまず進出が難しいとされていた3rdステージクリフハンガーまで進出。その後は3度出場するもいずれも1stステージで脱落している。

2007年1月1日には、前述の「SASUKE」と同じ筋肉番付系列の番組「最強の男は誰だ!壮絶筋肉バトル!!スポーツマンNo.1決定戦」に出場。序盤は不調だったものの、巨大跳び箱「MONSTER BOX」(18段を成功)等で驚異的なパフォーマンスを披露し、全7種目中3種目(パワーフォース、25、テイルインポッシブル)(この3種目連続)制覇で総合No.1になった。

2008年には史上初の連覇をかけて出場し、MONSTER BOXでプロスポーツマンタイ記録であり陸上選手新記録となる20段を成功し自己記録2段更新した。惜しくも連覇はならず、総合3位で終えた。

最強の男は誰だ!壮絶筋肉バトル!!スポーツマンNo.1決定戦 [編集]

第13回プロスポーツマン大会[編集]

1st BATTLE BEACH FLAGS

1回戦は危なげなくクリア。2回戦ではスタートで出遅れ、かなり手前でダイブしてしまい、2回戦敗退。

2nd BATTLE BURN OUT GUYS

タッチでは隣の池谷に遅れ、腹筋運動でも挽回できず1分12秒39でゴールし、苦戦した。また木下典明が54秒11の世界新記録を樹立。

3rd BATTLE MONSTER BOX

冒頭2種目では苦戦したポールであったが、ここから怪物的な快進撃が始まる。 15段などは楽々とクリアし、台のはるか上を跳び、ポテンシャルの高さを見せつけた。しかし17段の1回目で跳ぶ高さが足りず失敗。台上で跳び箱をたたき悔しがったが、2回目では完璧に修正。さらに18段も成功させるが、19段は2度とも成功する事が出来ず、記録18段で終了。しかし脅威的な快進撃を印象強く残し、MONSTER BOX 4位の成績を収める。

4th BATTLE POWER FORCE

1回戦でいきなり総合2位の木下と対戦。屈指の好カードとみられたが僅か2秒で粉砕。2回戦の片岡易之との勝負でもスタートではやや片岡がリードしたが、即座にポールがパワーで圧倒して勝利。準決勝の白鳥勝浩との対戦もパワーで圧倒して勝利。決勝戦では初めて自分より身長の高い網野友雄と対戦。序盤こそ五分だったが数秒でポールがパワーで圧倒し優勝。初の種目別No.1を獲得した。

5th BATTLE 25

頭脳系の新種目においてもポールは素晴らしい能力を見せる。オレンジ色のヘルメットを被り、1回戦で今大会最速の20秒82で1位となると2回戦では2位通過と甘んじたものの、決勝でも驚異的な反射頭脳で優勝。2種目連続優勝した。肉体面だけでなく頭脳面でも高い能力を示し、ポールの代名詞である「万能アスリート」らしさが最も顕著に表れた種目であった。

6th BATTLE TAIL IMPOSSIBLE

この種目はポールの圧倒的な強さが最も際立った種目であった。「この種目でNO1がとれなきゃ、自分自身に失望するね」というほどポールは絶対の自信を持っていた。第1レースではポールら数人が安定した走りを見せ難なくクリア。ペースが上がった第2レースでもポールは涼しい顔をしながらもトップ通過する。 毎回最も激戦となる第3レースは序盤、ゴールドゼッケンの宮崎が引っ張るが1周目の終わりで早くもポールが先頭に立つ。最終週の入り口で柏木が苦しくなりながらもトップに立つ。ポールは余裕を持って2着となった。

決勝レースは柏木、ポール、宮崎の3名で行われた。今回は過去3レースとは違いポールが柏木、宮崎をスタートから圧倒。2周目の半ばまで何とか食い下がっていた柏木であったが3周目入り口でポールが加速。一気に差がつき3周目のバックストレートで既に10m以上の差がついた。そのまま柏木を圧倒してゴール。実に30m以上の大差が付いていた。3種目連続優勝した。

FINAL BATTLE SHOT-GUN-TOUCH

この種目を苦手とするポールであったが気迫のプレーで12m70cmをクリア。木下が世界新記録13m70cm目前までいきポールに迫ったが失敗。

ポールは470ポイントを獲得し、外国人として初のレッドジャージ・ホルダーとなった。賞金590万円獲得。その翌年には、ネイビージャージとして参加となった。

第14回プロスポーツマン大会[編集]

ディフェンディングチャンピオンとして挑み、ネイビージャージにゴールドゼッケンをつけての参戦となった。

1st ULTIMATE GUYS

同組ワッキーとの対戦となったが、持ち前のパワーで1分23秒75というタイムを叩き出す。その後の選手達はポール越えに挑むも、ポールどころか赤田将吾のタイムを上回るものが現れず、結局ポールがNo.1を手にした。

2nd TAIL IMPOSSIBLE

第1レースから史上最高レベルのレースが展開。第3レースまで進出するも、ワッキー、桜井良太玉田圭司が意地を見せ、ポールも追い上げを見せるも4位と惜しくも決勝レースに残れず敗退。2種目終わってポールは暫定2位につけており、ワッキーとの差は僅か5Pとなっていた。

3rd POWER FORCE

1回戦では昨年同様、木下との対戦。しかし前回と違い木下が前半リードでポールに粘っていたが、最後はポールが意地を見せて勝利を収めた。続く2回戦ではミスターPOWER FORCEといわれる吉田秀彦との対戦となり、粘りに粘るも吉田には及ばず、2回戦で敗退。しかし暫定トップにつけていたワッキーは池谷直樹に敗れて1回戦敗退となっていた為、これで暫定トップに立った。

4th BEACH FLAGS

1回戦第1組から登場し、同じ組には宮﨑大輔、木下、ワッキーといった強豪が揃い、1回戦は難なく突破。2回戦では玉田との直接対決となるも腕の長さを活かして3回戦突破。しかし3回戦には池谷、赤田、ラージャイ・デービス、木下、宮﨑との強豪がおり、旗に向かって飛び込むも旗を取ることが出来ず3回戦で敗退。そしてBEACH FLAGS No.1に輝いた宮﨑が暫定トップに立ち、ポールは暫定2位の後退。

5th THE CELL

1回戦で宮﨑との対戦となり、宮﨑との対戦となり、宮﨑が圧巻の強さを見せつけ、ポールは1回戦敗退を喫した。これで宮﨑との差は100Pに広げられ、暫定3位につけた池谷との差は僅か5P、そして暫定4位につけた桜井とワッキーとの差は15Pと大接戦状態となった。

6th MONSTER BOX

前回同様、圧巻の跳躍を見せ、前回の自己記録18段から2段更新の20段(プロスポーツマン記録)を記録し、21段に挑戦するも2回とも惜しくも失敗。そしてこの種目No.1となった池谷に逆転され暫定3位に後退となり、総合連覇に黄色信号が点った。

Final SHOT-GUN-TOUCH

12m50cmではギリギリでボールに触れて薄氷のクリア。そして自己記録12m70cmをクリアすれば池谷を逆転できるが、12m70cmを2回とも失敗し、総合3位で試技終了。賞金130万円を獲得。宮﨑が12m70cmを成功した後「またここに戻って2連覇を成し遂げないとね。」と英語で語った。

プロスポーツマン大会
大会 放送日 総合順位
第13回大会 2007年1月1日 No.1
第14回大会 2008年1月1日 3位

外部リンク[編集]