木下典明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

木下 典明(きのした のりあき、1982年12月29日 - )は大阪府豊中市出身のアメリカンフットボール選手。現在Xリーグオービックシーガルズに所属している[1]

立命館大学経営学部卒業。愛称は「ノリ」。40ヤード走4秒4の俊足を持つ。兄は同じオービックシーガルズ所属していた木下善仁
2005年以降、NFLとの選手契約を目指して活動した。NFLヨーロッパや2007年のアトランタ・ファルコンズキャンプ参加の実績から、「NFLに最も近い日本人」と呼ばれた。
2008年は外国人練習生(IPS)としてファルコンズにキャンプに帯同した。

略歴[編集]

大学以前[編集]

兄・善仁の影響も受け、小学1年からチェスナットリーグのチームの一つである池田ワイルドボアーズ(同チームの活動休止後は千里ファイティング・ビーとワイルド・ボワーズの中学生が合体したワイルド・ビー)でプレーする。大阪産業大学附属高等学校入学し本格的にアメリカンフットボールを始める。当初のポジションはWR、高校3年の時には1年先輩の高田鉄男立命館大学-松下電工(現パナソニック))の後を継ぎQBを務め、DBも兼任する。2年次と3年次にはクリスマスボウルを制して高校日本一となり、3年生での第31回大会(2000年)では最優秀バックス賞である三隅賞を獲得する[1]

大学時代[編集]

2001年立命館大学に入学。WRにコンバートされ、1年生から試合出場。2年生時の2002年には立命館大学パンサーズの4年振りのリーグ戦優勝、甲子園ボウル優勝、初のライスボウル制覇に貢献。特に秋の関西学院大学ファイターズ戦での91ヤードのタッチダウンパスレシーブは、彼のクイックネス・スピードを存分に見せつけたものであった。この年度の関西学生リーグ最優秀スペシャルチーム賞を受賞している。3年時は怪我で前年を上回る活躍はできなかったが、同校のライスボウル2連覇に貢献する[1]。4年時は関学戦でQBとして起用されたものの、1年の関学戦以来の公式戦敗戦を喫する。しかし、関学が続く京大戦に敗れて優勝はプレーオフに持ち越され、プレーオフの関学戦では2TDパスレシーブに、オーバータイムに入ってからのQB起用でTDを奪う等の活躍でチームをリーグ戦3連覇に導いた。続く第57回甲子園ボウルでも2つのTDパスレシーブ等で3連覇に貢献し、年間最優秀選手・ミルズ杯と甲子園ボウルMVPの両方を受賞し[1]、名実とも学生を代表する選手となった。3年連続優勝を狙った第58回ライスボウルでは強力な守備を誇る松下電工インパルスに敗れたものの、第4Qに97ヤードのキックオフリターンTDを奪い、存在感を示した。

大学以後[編集]

立命館大学卒業後の2005年、NFLヨーロッパアムステルダム・アドミラルズに入団した。1年目はNFLヨーロッパのレベルについていけず、レシーバーとしての評価は低いものだった。その年の秋アメリカで武者修行を積み、翌2006年、再びNFLヨーロッパに挑むが、アドミラルズのレシーバーでは3,4番手の評価にとどまっている。しかし、リターナーとしては開幕戦でパントリターンTDを挙げたのをはじめ、スペシャルチーム部門で2006年のオールNFLヨーロッパに選出された。この頃から「NFLに最も近い日本人」と評されるようになる。2007年シーズンはフィジカル面では向上したものの、簡単なパスを落とす場面が目立ち、加えて3年目であるにも関わらず、自他共に認める「英語アレルギー(=勉強嫌い)」も懸念されたが、パントリターンでリーグ1位など、前年を上回る成績で2年連続でオールNFLヨーロッパに選出[1]。更にNFLアトランタ・ファルコンズへのキャンプ参加が決まり、NFLへ挑戦する道が開けた形となった。しかしプレシーズンマッチでは出場機会を得られず最終選考でカットされた。本人は「決して戦えない世界ではない」とコメントし翌シーズンの再挑戦を示唆した。

2008年、NFLヨーロッパが前年度で終了したこともあり、木下はNFLの外国人練習生制度、IPS(International Practice Squad)の選考キャンプに参加、日本人で初めてIPSメンバーに選出された。前年と同じくアトランタ・ファルコンズのキャンプに参加のため渡米し[2]、練習生としてシーズン終了までチームに帯同した[1]。練習生からのロースター契約はできないため、2009年以降のNFL入りを見据えてのものである。

2009年のノートルダム・ジャパン・ボウル2009アメリカンフットボール日本代表に初選出、2011年の第4回アメリカンフットボール・ワールドカップにも出場した[1]
同年からXリーグオービックシーガルズに所属する。CENTRALディビジョン新人賞、JAPAN X BOWL MVP受賞。2012年、CENTRALディビジョン最優秀選手、オールXリーグ選出。2013年、Xリーグ最優秀選手、オールXリーグ選出。2014年はWRとリターナーの2ポジションで、2016、2017年はリターナーとしてオールXリーグ選出。オールXリーグ選出は通算6回。2012,2014年パールボウルMVP。2015年の第5回アメリカンフットボール・ワールドカップでは日本代表チームの主将を務めた。

甲子園ボウルでのエピソード[編集]

3年次甲子園ボウルに出場時、前半にタッチダウンを決めた後、喜びの余り、先輩が銃を撃つ真似をし、撃たれる役のパフォーマンスを行ない、アンスポーツマンライク・コンダクト(非スポーツマン行為)の反則を取られた。さらには古橋由一郎ヘッドコーチにも叱られ(胸ぐらをつかまれ、その場で正座させられたという)、ペナルティとして、その試合の以降の出場機会を与えられずに終わったという。本人は「この試合は壮絶に怒られた記憶だけしかない」とコメントしていた。

スポーツマンNo.1決定戦出場[編集]

2007年1月1日にスポーツマンNo.1決定戦に初出場し、総合2位。BURN OUT GUYSでは唯一、初挑戦で50秒台を出した選手である(2007年1月現在)。

プロスポーツマン大会
大会 放送日 総合順位
第13回大会 2007年1月1日 2位
第14回大会 2008年1月1日 8位

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g 注目選手”. NFL JAPAN. 2011年8月8日閲覧。
  2. ^ 「日本人でもできるところを見せる」、木下が渡米”. NFL JAPAN (2008年7月22日). 2011年8月8日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]