ポルトボウ駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ポルトボウ駅
ポルトボウ駅停車中のタルゴ客車
ポルトボウ駅停車中のタルゴ客車
Estación de Portbou
Colera
所在地 スペインの旗ポルトボウ
所属路線 バルセロナ-ポルトボウ線
ナルボンヌ-ポルトボウ線
駅構造 地上駅
ホーム 広軌3面5線
標準軌2面2線
開業年月日 1878年1月20日
テンプレートを表示

ポルトボウ駅スペインカタルーニャ州コマルカアルト・アンプルダーポルトボウにある鉄道駅で、ジローナ県にある。当駅とセルベール駅との間のピレネー山脈東端部を貫くトンネル内にフランスとの国境があり、SNCFの国内線列車も当駅まで乗り入れる。軌間がスペイン国内は1668mmのイベリア軌間、フランス国内は1435mmの国際標準軌となっているため、当駅とセルベール駅の間はイベリア軌間と標準軌の線路が並行して存在する。両駅間の間には3本の線路があり、海側に複線トンネル、山側に単線トンネルが有り、海側1線が標準軌、山側2線がイベリア軌間となっている。また、直通する旅客列車にはタルゴ客車が用いられ、当駅構内フランス方にある軌間変更線路を経由する事により車軸の軌間を伸縮させている。また機関車は軌間変更が出来ない為当駅で付け替えられる。貨物列車に関しては、当駅山側に広がるヤードで積荷を載せ替える場合と、セルベール駅構内にある貨車用軌間変更施設で貨車の軌間を変更する場合がある。

歴史[編集]

ポルトボウ駅は1870年よりタラゴナ・バルセロナ・フランス鉄道(Companyia dels Ferrocarrils de Tarragona a Barcelona i França、TBF) によって建設され1872年に鉄道が開業した。1878年1月20日には先代の駅が完成し、使用され始めた。その後、TBFは1898年1月1日にマドリード・サラゴサ・アリカンテ鉄道(Compañía de los Ferrocarriles de Madrid a Zaragoza y Alicante、M.Z.A.)に買収された。現在のポルトボウ駅舎はM.Z.A.により1929年に建設されたもので、ジョアン・トーラス・イ・グアルディオラ (es:Joan Torras i Guardiola) により設計され、鉄材とガラスを組んだ大きな丸屋根が特徴となっている。

列車[編集]

フランス国内から当駅まで運転される列車は当駅着列車のみ国境区間の客扱いを行い、復路の当駅からセルベールまでは客扱いを行わない。同様にバルセロナ等スペイン国内からセルベール行の列車は存在するが、復路は全て当駅始発となる。

中距離列車
始発着駅 < 隣停車駅 路線 隣停車駅 > 始発着駅
バルセロナ・サンツ駅 Colera Ca-2 始発
セルベール行1
ポルトボウ発
セルベール着1
終着2 TER セルベール アヴィニョン中央駅 / ナルボンヌ
トゥールーズ・マタビオ駅

1 Ca-2の列車の国境越えはフランス行のみ。 2 TERは到着のみ。

中距離列車
始発着駅 < 隣停車駅 列車 隣停車駅 > 始発着駅
バルセロナフランサ駅 フィゲラス カタラン・タルゴ
Catalán Talgo
セルベーレ モンペリエ(サントロシュ駅)
カルタヘナ フィゲラス タルゴ
マレ・ノストルム
Talgo
Mare Nostrum
セルベール モンペリエ(サントロシュ駅)
マドリードチャマルティン駅 リャンサ エストレラ
コスタ・ブラバ
Estrella
Costa Brava
セルベール セルベール着
ポルトボウ発
ポルトボウ着
セルベール発
終着 コラーユ
CORAIL
夏季運行
セルベール ストラスブール / メス
ポルトボウ着
セルベール発
終着 コラーユ・ルネア
CORAIL Lunéa
セルベール パリオステルリッツ駅
ポルトボウ着
セルベール発
終着 コラーユ・ルネア
CORAIL Lunéa
バカンス期間中の週末運行
セルベール ストラスブール / メス

写真[編集]

関連項目[編集]

座標: 北緯42度25分28.79秒 東経3度9分28.38秒