ホーレス・グレイシー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ホーレス・グレイシー
基本情報
本名 ホウレス・グレイシー・ジュニオール
(Rolles Gracie Jr.)
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 (1978-07-14) 1978年7月14日(41歳)[1]
出身地 リオデジャネイロ州
所属 ヘンゾ・グレイシー柔術アカデミー
身長 193cm
体重 109kg
リーチ 203cm
階級 ヘビー級
バックボーン ブラジリアン柔術
テンプレートを表示
獲得メダル
ブラジルの旗 ブラジル
男子 グラップリング
アブダビコンバット
2007 トレントン 99kg超級

ホーレス・グレイシーRolles Gracie1978年7月14日 - )は、ブラジル男性柔術家総合格闘家リオデジャネイロ州出身。ヘンゾ・グレイシー柔術アカデミー所属。ブラジリアン柔術四段。

ホーウス・グレイシーの長男[2]

来歴[編集]

2007年5月にアメリカ合衆国で開催されたADCC 2007に99kg以上級で出場。決勝でファブリシオ・ヴェウドゥムと対戦し、敗戦[3]。準優勝に終わった。

2007年9月20日、アメリカ合衆国で開催されたIFLにて、プロ総合格闘技デビューを果たし、チョークスリーパーで一本勝ち。

2010年2月6日、UFC初参戦となったUFC 109でジョーイ・ベルトランと対戦し、パウンドでTKO負け。プロ初黒星を喫した。

2012年12月31日、INOKI BOM-BA-YE 2012川口雄介と対戦し、肩固めで一本勝ちを収めた。

2014年1月4日新日本プロレス東京ドーム大会にダニエル・グレイシーとタッグを組んで桜庭和志永田裕志組と対戦する。その後もビックマッチに参戦してクレイジー一族とも対戦した。

戦績[編集]

総合格闘技 戦績
12 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
8 0 8 0 0 0 0
4 4 0 0 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× マリウス・プッツナウスキー 1R 0:27 TKO(パンチ連打) KSW 31: Materla vs. Drwal 2015年5月23日
× カロル・ベドルフ 1R 4:34 TKO(打撃) KSW 28: Fighters' Den
【KSWヘビー級タイトルマッチ】
2014年10月4日
× デリック・メイメン 2R 2:40 KO(右フック) WSOF 5: Arlovski vs. Kyle 2013年9月14日
川口雄介 1R 2:00 肩固め INOKI BOM-BA-YE 2012 2012年12月31日
トニー・ボネロ 3R 1:33 リアネイキドチョーク ONE FC 5: Pride of a Nation 2012年8月31日
ボブ・サップ 1R 1:18 ギブアップ(パウンド) ONE FC 2: Battle of Heroes 2012年2月11日
リー・メイン 1R 1:51 肩固め Wreck MMA: Unfinished Business 2011年10月28日
ブレーデン・バイス 1R 1:05 肩固め UCC 4: Supremacy 2011年4月22日
× ジョーイ・ベルトラン 2R 1:31 TKO(パウンド) UFC 109: Relentless 2010年2月6日
ピーター・グラハム 1R 1:43 肩固め AOW 14: Ground Zero 2009年9月26日
バガ・アガエフ 1R 5:09 リアネイキドチョーク AOW 12: Invincible 2009年5月23日
サム・ホロウェイ 1R 1:49 リアネイキドチョーク IFL: 2007 Team Championship Final 2007年9月20日

獲得タイトル[編集]

  • ADCC 2007 99kg以上級 準優勝(2007年)

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]