ホッジス隕石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ホッジス隕石
ホッジス隕石の画像
Sylacauga meteorite, NMNH
発見国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
発見場所 アラバマ州
座標 北緯33度11分21秒 西経86度17分43秒 / 北緯33.18917度 西経86.29528度 / 33.18917; -86.29528座標: 北緯33度11分21秒 西経86度17分43秒 / 北緯33.18917度 西経86.29528度 / 33.18917; -86.29528
落下観測 観測
落下日 1954年11月30日
プロジェクト:地球科学Portal:地球科学
テンプレートを表示

ホッジス隕石(ホッジスいんせき、Hodges Meteorite)は、1954年11月30日にアメリカ合衆国アラバマ州に落下した隕石[1][2]で、人間に当たって負傷させた確実な記録が残る最初の隕石である。シラコーガ(Sylacauga)隕石のうちの、大きさが18cm×13cm、質量 約3.9kgの破片である[1][3]

概要[編集]

1954年11月30日12時46分(中部標準時)、アラバマ州タラディーガ郡シラコーガの近傍のオークグローブ(en:Oak Grove, Alabama)にあるホッジス家の屋根を突き抜け、室内の木製のラジオを破壊したうえ、昼寝をしていたアン・エリザベス・ホッジス(Hodges)夫人(1920-1972、当時34歳)に当たった。ホッジス夫人は左尻と左腕にひどい打撲を負ったが、歩くことはできた。この事象は世界的なニュースになった。隕石の落下したホッジス家の向かいは、偶然にも「Comet Drive-In Theater」という名称のドライブインシアターであった[1]

この隕石はアメリカ空軍によって回収された。夫のユージン・ホッジスは弁護士を雇って空軍に返還を要求したところ、5,000ドルで購入するという申し出があったという[1]。また、ホッジスが賃借していた家の家主も隕石の返還を求めて訴訟を起こした。1年以上経ってからホッジス夫妻に隕石が返還された時には世間の関心も薄れ、高く買おうとする人間は現れなかった。アン・ホッジスは世間の注目や隕石の所有権の争いが不快になり、1956年に隕石をアラバマ自然史博物館に寄付した[4][5]。現在、隕石はアラバマ大学の自然歴史博物館に展示されている[3]

ホッジス隕石はシラコーガ隕石の破片で、H4型のコンドライトである。質量は3.86 kgである。

その後[編集]

ホッジス家の家屋は、空き家になっている間に、1998年10月1日の火事によって取り壊されたため、現地には何も残っていない。ホッジス家のあった場所から北東約50mの3075-3223 Old Birmingham Hwy, Oak Grove, AL 35150 の地点に、アラバマ州観光局とオーク・グローブ町が2010年5月に建てた記念看板がある[6]。ホッジス家の住所は1360 Odens Mill Road(番地は概略)であったが、この記念看板はそこから約50m離れた元の家屋の裏側に当たる、より交通量が多く人目につくOld Birmingham Hwyの方に建てられている。

人に当たった隕石[編集]

ホッジズ隕石(シラコーガ隕石)以外にも隕石が人に当たったと考えられる記録は存在する。1677年イタリア北部のトルトーナで書かれた記録では、ミラノ人の托鉢修道士が隕石と思われるものに当たって死んだ話が書かれている[7]1992年ウガンダに落ちたムバレ隕石(Mbale meteorite)では、3グラムほどの小さな破片が少年に当たったが、木に当たって勢いが落ちてから当たったため負傷は発生しなかったという[8]2009年にはドイツエッセンに住む14歳の少年が、登校途中に明るい光の筋が自分めがけて飛んできて、その直後に隕石が体に当たったと主張し世界的に話題となった[9]。この隕石は豆粒ほどの大きさで、少年の腕をかすめて長いやけどの跡を作り、アスファルトの地面に衝突して足の大きさほどのクレーターができたという[10]。しかしこれは実際の隕石落下かどうかは確認されておらず少年の主張には疑いもある。2013年ロシアに落下したチェリャビンスク隕石では、隕石の破片の1つが52歳の女性に衝突し、頸椎を骨折する怪我を負っている。

出典[編集]

  1. ^ a b c d Swindel, George W.; Jones, Walter B. (1954). “The Sylacauga, Talladega County, Alabama, Aerolite: A recent meteoritic fall that injured a human being (CN=0863,332)”. Meteoritics 1 (2): 125-132. Bibcode1954Metic...1..125S. doi:10.1111/j.1945-5100.1954.tb01323.x. ISSN 0026-1114. 
  2. ^ 宝くじより高い? 隕石に当たって死亡する確率”. ナショナルジオグラフィック日本版サイト (2016年2月15日). 2020年11月30日閲覧。
  3. ^ a b UA Museum to Observe 50th Anniversary of Hodges Meteorite”. アラバマ大学 (2004年11月24日). 2020年11月30日閲覧。
  4. ^ Hodges Meteorite Strike (Sylacauga Aerolite) John C. Hall, University of West Alabama, Encyclopedia of Alabala
  5. ^ Alabama's Housewife-Whacking Meteorite
  6. ^ Stars Fell on Alabama/Hodges Meteorite - Oak Grove, ALAlabama - Historical Markers on”. Waymarking.com (2012年7月22日). 2020年11月30日閲覧。
  7. ^ http://www.futilitycloset.com/2010/01/12/zeus-displeased/
  8. ^ Fragment of Mbale meteorite hit a young Ugandan boy
  9. ^ 14-year-old hit by 30,000 mph space meteorite - デイリー・テレグラフ
  10. ^ 隕石が当たっても無事だった少年 - WIRED

外部リンク[編集]