ホソバノアマナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ホソバノアマナ
Lloydia triflora 1.JPG
栃木県北部 2018年5月上旬
分類APG IV
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperms
階級なし : 単子葉類 Monocots
: ユリ目 Liliales
: ユリ科 Liliaceae
: チシマアマナ属 Lloydia
: ホソバノアマナ
L. triflora
学名
Lloydia triflora (Ledeb.) Baker[1]
和名
ホソバノアマナ(細葉の甘菜)[2]

ホソバノアマナ(細葉の甘菜、学名:Lloydia triflora)は、ユリ科チシマアマナ属多年草[2][3]。別名、ホソバアマナ[1]

特徴[編集]

地下にある鱗茎は球形または楕円形で長さ1cmになり、膜質の外皮があり、基部に細かいひげ根が生える。根出葉は1-2個あり、線形で長さ10-20cm、幅1.5-3mmになり、3稜がある。花茎は高さ10-25cmになり、上部に小型で披針形の茎葉が2-3個、まばらに互生する[2][3][4][5]

花期は4月下旬-6月。花茎の先に枝を分けてふつう1-5個のをつける。花は径1-1.5cmの漏斗状で平開しない。花被片は6個で、長楕円形で長さ10-15mmになり、白色で淡緑色の脈があり、内側の基部に腺体が無い。雄蕊は6個あり、花被片よりごく短い。子房は上位で、3室あり、多数の胚珠がある。果実蒴果となる[2][3][4]

分布と生育環境[編集]

日本国内では、北海道、本州、四国、九州に分布し[2][3]、山地の日当たりのよい草原[4]落葉広葉樹林の林縁などに生育する。適度に湿り気があり、腐葉土が堆積している場所に見られる[5]。国外では、朝鮮半島中国大陸(北東部)、ウスリー、サハリン千島列島パラムシル島以北)、カムチャツカ半島に分布する[3]

名前の由来[編集]

種小名(種形容語)triflora は、「三花の」の意味[6]

ギャラリー[編集]

近縁種[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b ホソバノアマナ「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList)
  2. ^ a b c d e 『山溪ハンディ図鑑2 山に咲く花(増補改訂新版)』p.68
  3. ^ a b c d e 『改訂新版 日本の野生植物 1』p.174
  4. ^ a b c 『食べられる野生植物大事典(草本・木本・シダ)』p.95
  5. ^ a b ホソバノアマナ、レッドデータブックとちぎ
  6. ^ 『新牧野日本植物圖鑑』p.1351

参考文献[編集]