ペラ=ル=シャトー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Peyrat-le-Château

Blason ville fr Peyrat-le-Château (Haute-Vienne).svg
Tourpeyrat.JPG

行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) ヌーヴェル=アキテーヌ地域圏
(département) オート=ヴィエンヌ県Blason département fr Haute-Vienne.svg
(arrondissement) リモージュ郡
小郡 (canton) エムティエ小郡
INSEEコード 87117
郵便番号 87470
市長任期 ステファーヌ・カンブ
2014年-2020年
自治体間連合 (fr) fr:Communauté de communes des Portes de Vassivière
人口動態
人口 983人
2016年
人口密度 19人/km2
住民の呼称 Peyratois
地理
座標 北緯45度48分49秒 東経1度46分25秒 / 北緯45.8136度 東経1.7736度 / 45.8136; 1.7736座標: 北緯45度48分49秒 東経1度46分25秒 / 北緯45.8136度 東経1.7736度 / 45.8136; 1.7736
標高 平均:m
最低:390 m
最高:776 m
面積 52.96km2
Peyrat-le-Châteauの位置(フランス内)
Peyrat-le-Château
Peyrat-le-Château
テンプレートを表示

ペラ=ル=シャトーPeyrat-le-Châteauオック語:Pairac lo Chasteu)は、フランスヌーヴェル=アキテーヌ地域圏オート=ヴィエンヌ県コミューン

地理[編集]

県東部にあり、クルーズ県と境を接している。郡庁所在地リモージュの南東55km、ヴァシヴィエール湖から7km離れている。

コミューンには、標高777mに達するオート=ヴィエンヌ県最高峰の1つ、ピュイ・ド・クロザがある。

歴史[編集]

ペラ=ル=シャトーの歴史は、いくつかの道があったことで証明されているように、ガロ=ローマ時代から始まったと思われる。

中世、ペラ=ル=フォール(Peyrat-le-Fort)と呼ばれたこの地は、ポワトゥーの男爵家であるリュジニャン家が優勢で、不安定な時代(1150年から1450年)を過ごした。リチャード獅子心王ジョン欠地王百年戦争が、地元の遺産の多くを破壊した。

角型の塔は15世紀に、聖マルタンに捧げられた教会は14世紀に再建された。

フランス革命のもとで、ペラ=ル=フォールはペラ=ラ=モンターニュ(Peyrat-la-Montagne)と名を変え、その後小郡庁所在地となった。1790年から1794年まで、コミューンはボーリューと合併していた。1801年、コミューンは新設されたエムティエ小郡の単なるコミューンとなった[1]。1829年11月4日の政令により、サンタマン・ル・プティのコミューンはペラ=ル=シャトーと合併した。1874年8月7日のデクレで、コミューンは再建された。それまでの間に、コミューンはかつての面積の一部を失った。東に位置するヌヴィアル地区は1833年にコミューンのネドに割譲し、西のセール地区は1867年にコミューンのオニュに割譲した[2]

近年では、地域開発における路面電車の重要性が強調される。ペラ=ル=シャトーは、1913年から1949年までオート=ヴィエンヌ県鉄道のいずれかの路面電車駅の終点となっていた。この地域は第二次世界大戦中のマキの戦いにも関連があった。町にはレジスタンス博物館があり、ジョルジュ・ガングアン大佐を支持するパルチザン闘士たちが加わった、マルシュ・リムーザン最古の旅団の歴史をたどることができる[3]

戦後、1940年代から1950年代にかけてのモルドの水力開発事業、そしてコミューンに隣接するヴァシヴィエール湖の事業が地域経済を復活させた。

人口統計[編集]

2016年時点のコミューン人口は983人で[4]、2011年時点の人口より2.82%増加した。

1962年 1968年 1975年 1982年 1990年 1999年 2006年 2016年
1551 1594 1518 1294 1194 1081 1019 983

参照元:1962年から1999年までは複数コミューンに住所登録をする者の重複分を除いたもの。それ以降は当該コミューンの人口統計によるもの。1999年までEHESS/Cassini[5]、2006年以降INSEE[6][7]

ゆかりの人物[編集]

脚注[編集]

  1. ^ « Notice communale - Peyrat-le-Château », sur cassini.ehess.fr (consulté le 16 septembre 2014)
  2. ^ « Version cache du ficher DOC : Répertoire numérique de série O (Administration communales Haute-Vienne de 1800 à 1940) », sur Archives Départementales de la Haute-Vienne, Conseil général de la Haute-Vienne
  3. ^ « Musée de la Résistance à Peyrat-le-Château », sur www.tourisme-hautevienne.com (consulté le 16 septembre 2014)
  4. ^ Population municipale légale en vigueur au 1er janvier 2019, millésimée 2016, définie dans les limites territoriales en vigueur au 1er janvier 2018, date de référence statistique : 1er janvier 2016.
  5. ^ http://cassini.ehess.fr/cassini/fr/html/fiche.php?select_resultat=26655
  6. ^ https://www.insee.fr/fr/statistiques/3293086?geo=COM-87117
  7. ^ http://www.insee.fr
  8. ^ Katalog der Deutschen Nationalbibliothek consulté le 30 avril 2008