ベンジャミン・パース (数学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ベンジャミン・パース

ベンジャミン・パース(Benjamin Peirce 、1809年4月4日1880年10月6日)はアメリカ合衆国の数学者である。約50年に渡って、ハーバード大学で教育を行った。天体力学数論、代数学などに貢献した。天体力学の分野では冥王星の発見につながる、海王星摂動の計算に最も早く取り組んだひとりである。

1829年にハーバード大学を卒業した直後から同大の講師を務め、1831年、教授に任じられ、死去までつとめた。1842年からは天文学にも取り組んだ。ハーバード大学の自然科学のカリキュラムの改善に功績があり、図書館長(college librarian)を務め、1867年から1874年のアメリカ沿岸調査を率いた。

数論の分野では4個以下の素因数を持つ奇数の完全数がないことを証明した。

家族[編集]

パースは1833年7月23日にサラ・ハント・マイルズ (Sarah Hunt Mills) と結婚した[1]。2人の間には以下の子供が生まれた。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ worldconnect.rootsweb.com

外部リンク[編集]