ベルント・ショルツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ベルント・ショルツBernd Scholz, 1911年2月28日 - 1969年9月22日)は、ドイツ作曲家

シュレージエンのノイシュタット(現ポーランドオポーレ県プルドニク英語版)出身。幼いころから作曲家をめざし、12歳で最初の曲を作った。その後ベルリンに出て作曲を学び、ラジオ劇や映画音楽を手掛けた。第二次世界大戦中、ソ連軍の捕虜となり、1950年に帰国できた。帰国後は再びラジオ音楽やテレビ音楽を作曲し、1954年ドナウエッシンゲン音楽祭の開催に尽力した。ジークフリート・ベーレントの日本公演のためにギター協奏曲を作曲している。

主な作品[編集]

管弦楽[編集]

  • ギター協奏曲「日本協奏曲」
  • ピアノ協奏曲

室内楽[編集]

  • フルートとピアノのためのソナチネ
  • フルートとピアノのための組曲

マンドリンオーケストラ[編集]

  • 極東組曲
  • セレナーデ
  • ポーランド風ディヴェルティメント

外部リンク[編集]