ベビーカーマーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ベビーカーマークの例(下)
新京成電鉄8800形電車

ベビーカーマークは、国土交通省が2014年3月に定めた、ベビーカー利用の安全性・快適性向上を目的としたピクトグラムである[1]。その作製の背景はベビーカーに対する苦情が増加し始めているからである[2]

概要[編集]

国土交通省(以下、国交省)資料「公共交通機関等におけるベビーカー利用に関する協議会とりまとめ 」[3]P1(PDFの6頁目)によると、政府では「子ども・子育てビジョン」(2010年(平成22年)1月29日閣議決定)において、子育てに対して、家族や親が担うのではなく社会全体で支える“子どもと子育てを応援する社会”への転換を求めている。

そうした中、国交省でも交通バリアフリー法に基づく公共交通機関等のバリアフリー化を推進し、2013年(平成25年)6月に改訂された「公共交通機関の移動等円滑化整備ガイドライン」[4][5]ではエレベーターや車両内のスペース確保について、ベビーカーの利用にも配慮した設計であることが望ましいとしている。

政府、国交省などの結果[3]乳幼児連れの外出及び移動の負担は徐々に軽減されている。

しかしながら、ベビーカーを含めると20kgの荷物を抱えながら移動しているのが現状であり、依然として移動が難しいという現実がある。さらに、主要ターミナル駅におけるベビーカー利用割合は車椅子の20〜30倍に当たる1〜2%[3]と推測され、1台のエレベータに複数のベビーカー利用者が集中することによる高齢者や車椅子使用者等との競合、ホームからの転落、ベビーカー脚部の車両扉への挟み込み、緊急停止したエスカレータからの転落等、ベビーカー利用に関連する事故が発生している。

これらの事故防止のため、交通事業者の3割[3](P2=PDFのP7参照)では事業者独自のルールの下でベビーカー利用に関する取組がなされている。しかしながら、ベビーカーマークは既にJIS化されていた「ベビーカー使用禁止マーク」(スカートがある)をアレンジしたものや子供を乗せたベビーカーのみのもの、ベビーカー単独のもの、独自にデザイン化されたものなどがあり不統一であった[3]

このため、統一的なベビーカーマーク[3](P25=PDFのP30参照、「Ⅲ.統一的なベビーカーマークの作成」)を定めることとなった。案は次の5つが示された。[3](P26〜28=PDFのP31〜33参照)

  • JR東日本などで使われている、JIS化された「ベビーカー使用禁止マーク」をアレンジしたもの(案1)
  • 都営バスで使われている、(案1)のベビーカーを押す人に描かれているスカートのふくらみを直線に修正して性表現をなくしたもの(案2)
  • (案2)のベビーカーを押す人の姿勢を歩行状態から立位に修正したもの(案3)
  • 東京メトロで使われている、子供を乗せたベビーカーのみのもの(案4)
  • 日本国外で使われている、子供を乗せていないベビーカー単独のもの(複数例示、案5)

以上5つの図案が提示され、ベビーカーのみを描いた(案4)・(案5)が子供を放置するなどのイメージから除外され、案1〜案3についてインターネットWeb調査による理解度試験及び視認性試験を実施した結果[3]男女の区別のない案2が採用され、微調整されて制定された[3](P29=PDFのP34参照)。

このベビーカーマークは鉄道のみならずエレベータ路線バス(乗降方法が前乗り前降りの場合は除く)等にも使われており、2015年にリリースされる日野・ブルーリボンII新型ハイブリッドの日野自動車公式カタログ[6]にも使われている。

ベビーカーマークを採用している事業者[編集]

「公共交通機関等におけるベビーカー利用に関する協議会とりまとめ 」[3]のP29(PDFではP34)に掲げられている「図1」を使用している事業者に限る。

関連項目[編集]

出典・参考文献[編集]