ヘースリンゲン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
紋章 地図
(郡の位置)
Wappen Heeslingen.svg Locator map ROW in Germany.svg
基本情報
連邦州: ニーダーザクセン州
郡: ローテンブルク(ヴュンメ)郡
緯度経度: 北緯53度19分
東経09度20分
標高: 海抜 19 m
面積: 82.3 km²
人口:

4,756人(2015年12月31日現在) [1]

人口密度: 58 人/km²
郵便番号: 27404
市外局番: 04281, 04287
ナンバープレート: ROW
自治体コード: 03 3 57 021
ウェブサイト: heeslingen
首長: ゲルハルト・ホルステン (Gerhard Holsten)
郡内の位置
Heeslingen in ROW.svg

ヘースリンゲン (Heeslingen) は、ドイツ連邦共和国ニーダーザクセン州ローテンブルク(ヴュンメ)郡に属す町村(以下、本項では便宜上「町」と記述する)で、ザムトゲマインデ・ツェーフェンを構成する自治体の一つである。

地理[編集]

位置[編集]

ヘースリンゲンはツェーフェンの東約 5 km に位置する。町内をオステ川が流れている。

自治体の構成[編集]

ヘースリンゲン集落の他、ボイツェン、フライヤーゼン、マインシュテット、ザッセンホルツ、シュテットドルフ、ヴェールツェン、ヴェンゼン、ヴィーアスドルフの集落がこの町に属す。

歴史[編集]

最も古い入植地は約6000年前の石器時代中期に形成された。約3700年前の石器時代後期から巨大墳墓が造られている。

記録から、961年にヘースリンゲンに修道院が創設された。初期ロマネスク様式の荒石造りの教会は、この種のものとしてはエルベ川ヴェーザー川との間で最も古いものである。また、多くの湿地に囲まれていることから、ノルマン人の襲撃の際はエルベ川とヴェーザー川の間の諸都市の避難所として利用された。たとえばハンブルク845年デーン人ヴァイキングに、915年にはスラヴ人オボトリト族によって破壊されている。ヘースリンゲン発展のピークは1038年で、ザーリアー家皇帝コンラート2世により市場開催権が授与された。この発展の時代は、アルブレヒト熊公ザクセン公として一時的に支配権を得ていた1141年に、修道院が隣のツェーフェンに移転したことで幕を閉じた。

ハインリヒ・ヒムラーは1945年5月にこの町で逮捕された。

行政[編集]

議会[編集]

この町の町議会は15議席からなる。

紋章[編集]

青地。左(向かって右)に塔のある銀色の教会が、2つのドングリをつけた金のオークの葉の上部に描かれている。

この町の紋章には、青地にデザイン化されていない写実的な教会が銀色で描かれている。その下部にはやはりデザイン化されていないオークの葉が向かって右向きに置かれ、葉軸の上下に1つずつ金のドングリが付いている。紋章に描かれた教会は1875年に鐘楼が破壊される前の村の教会の外観である。

経済と社会資本[編集]

交通[編集]

ヘースリンゲンはツェーフェンの北東、ハンブルク方面へ向かう鉄道路線沿いの高台にあり、停車駅を有している。また、ハンブルク - ブレーメン自転車道がこの町を通っている。

引用[編集]

参考文献[編集]

  • "Die Börde Heeslingen" Fördergemeinschaft Gemeinde Heeslingen, 1984

この文献は、翻訳元であるドイツ語版の参考文献として挙げられていたものであり、日本語版作成に際し直接参照してはおりません。

外部リンク[編集]