ザムトゲマインデ・ゾットルム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
紋章 地図
(郡の位置)
Wappen der Samtgemeinde Sottrum.gif Locator map ROW in Germany.svg
基本情報
連邦州: ニーダーザクセン州
郡: ローテンブルク(ヴュンメ)郡
緯度経度: 北緯53度07分
東経09度14分
面積: 172.92 km²
人口:

14,444人(2015年12月31日現在) [1]

人口密度: 84 人/km²
ナンバープレート: ROW
自治体コード: 03 3 57 5406
市町村数: 7 町村
行政庁舎の住所: Am Eichkamp 12
27367 Sottrum
ウェブサイト: www.sottrum.de
首長: マルクス・ルックハウス (Markus Luckhaus)
郡内の位置
Samtgemeinde Sottrum in ROW.svg

ザムトゲマインデ・ゾットルム (Samtgemeinde Sottrum) は、ドイツ連邦共和国ニーダーザクセン州ローテンブルク(ヴュンメ)郡に属すザムトゲマインデ(集合自治体)である。このザムトゲマインデでは7町村が行政業務を共同で処理している。

地理[編集]

ザムトゲマインデを構成する町村[編集]

歴史[編集]

1969年に、ベターゼン、クリュファースボルステル、エーファーリングハウゼン、ハッセンドルフ、ヘルヴェーゲ、ヘパーヘーフェン、レースム、シュレーセル、ゾットルム、シュターペル、シュトゥッケンボルステル、ターケン、ヴィンケルドルフが自由意思に基づきザムトゲマインデ・ゾットルムを結成した。

ホルシュテットは1970年に、これに加わった。

市町村再編に伴い、1974年3月1日にアハウゼンとエーファーゼンが加わった。

行政[編集]

議会[編集]

このザムトゲマインデの議会は31議席からなる。

首長[編集]

このザムトゲマインデの長は2007年6月1日からマルクス・ルックハウスが務めている。

紋章[編集]

赤地。右上(向かって左上)角に銀地に黒いナーゲル十字(下端が尖った十字)。金の馬具と金の蹄を持つ銀の馬に乗った、金の鎧をつけた聖ゲオルクが金の槍で緑の竜を突き刺している。ザムトゲマインデ・ゾットルムは、1970年にゾットルムの町章をザムトゲマインデの紋章として転用する許可を得た。

経済と社会資本[編集]

交通[編集]

このザムトゲマインデ内をアウトバーンA1号線(ハンブルク - ブレーメン)が通っている。同じくハンブルクとブレーメンを結ぶ連邦道B75号線はハッセルドルフとゾットルムを通る。

ゾットルムには鉄道ハンブルク - ブレーメン線の駅がある。

社会施設[編集]

最寄りの病院には、ローテンブルク(ヴュンメ)ディアコニー病院、アヒムのアラー=ヴェーザー病院、ブレーメン市内の複数の病院がある。組織改編後ザムトゲマインデの大部分の保険救急医はアヒム救急医療管区に属す。これは、緊急時の相談窓口はアヒム病院にあると言うことを意味する。

引用[編集]