ヘヴン (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヘヴン
Heaven
監督 トム・ティクヴァ
脚本 クシシュトフ・キェシロフスキ
クシシュトフ・ピエシェビッチポーランド語版
製作 アンソニー・ミンゲラ
ウィリアム・ホーバーグ
シュテファン・アルント他
製作総指揮 ハーヴェイ・ワインスタイン
シドニー・ポラック
出演者 ケイト・ブランシェット
ジョヴァンニ・リビシ
音楽 アルヴォ・ペルト
マリウス・ルーラント
撮影 フランク・グリーベ
編集 マチルド・ボンフォイ
製作会社 ミラマックス・フィルムズ
Xフィルムズ・クリエイティヴ・プール
配給 ドイツの旗 X Verleih AG
日本の旗 アスミック・エース
公開 ドイツの旗 2002年2月6日BIFF
ドイツの旗 2002年2月21日
日本の旗 2003年3月8日
上映時間 97分
製作国 ドイツの旗 ドイツ
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
イギリスの旗 イギリス
フランスの旗 フランス
言語 イタリア語
英語
製作費 US$ 11,000,000[1]
テンプレートを表示

ヘヴン』(Heaven)は2002年ドイツアメリカ合衆国イギリスフランスのドラマ映画。

ポーランドの映画監督クシシュトフ・キェシロフスキと脚本家クシシュトフ・ピエシェビッチポーランド語版は、「天国」「地獄」「煉獄」を題材にした三部作を制作する予定であった。しかし、1996年のキェシロフスキの急死によって、脚本が唯一完成していた「天国」篇である本作は、ドイツ人監督トム・ティクヴァの手によって映画として実現した。「地獄」篇はダニス・タノヴィッチ監督で『美しき運命の傷痕』として2005年に映画化されている。

ストーリー[編集]

イタリアトリノで英語教師をしているフィリッパは、大企業の社長ヴェンディーチェのオフィスに時限爆弾を仕掛ける。ヴェンディーチェは麻薬売買の黒幕で、フィリッパの夫は中毒死しており、学校の生徒たちも何人か破滅させられていたのだ。しかし策略は失敗に終わる。死んだのはたまたまビルを訪ねてきていた父と幼い二人の娘たち、掃除婦という罪のない4人だったのだ。カラビニエーリ国家憲兵隊)に逮捕されたフィリッパははじめてそれを知り、罪の重さに気絶してしまう。取調べの通訳をする若いカラビニエーリの一人フィリッポは、そんなフィリッパに魅かれ、密かに逃亡の手助けを申し出る。

キャスト[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ Heaven” (フランス語). AlloCiné. 2015年9月1日閲覧。

外部リンク[編集]