ヘルクレス座オメガ星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヘルクレス座ω星[1]
Omega Herculis
仮符号・別名 クヤム[2], Cujam[3][4]
星座 ヘルクレス座
視等級 (V) 4.58[1]
変光星型 りょうけん座α2型変光星[1]
位置
元期:J2000.0[1]
赤経 (RA, α) 16h 25m 24.95425s[1]
赤緯 (Dec, δ) +14° 01′ 59.7711″[1]
赤方偏移 -0.000020[1]
視線速度 (Rv) -5.90 km/s[1]
固有運動 (μ) 赤経: 40.86 ミリ秒/年[1]
赤緯: -59.71 ミリ秒/年[1]
年周視差 (π) 13.04 ± 0.64ミリ秒[1]
(誤差4.9%)
距離 250 ± 10 光年[注 1]
(77 ± 4 パーセク[注 1]
絶対等級 (MV) 0.2[注 2]
Hercules constellation map.svg
Cercle rouge 100%.svg
ω星の位置
物理的性質
半径 3.2 R[5]
質量 2.7 M[5]
自転速度 46 km/s[5]
自転周期 3.5 [5]
スペクトル分類 A2VpCrXr [1]
光度 82 L[5]
表面温度 9,730 K[5]
色指数 (B-V) ±0.00[6]
色指数 (U-B) -0.04[6]
色指数 (R-I) -0.04[6]
別名称
別名称
ヘルクレス座24番星[1]
BD +14 3049[1]
FK5 613[1], HD 148112[1]
HIP 80463[1], HR 6117[1]
SAO 102153[1]
Template (ノート 解説) ■Project

ヘルクレス座ω星 (ヘルクレスざオメガせい、ω Herculis / ω Her) は、ヘルクレス座恒星5等星

概要[編集]

へび座の頭部とへびつかい座との間にあり、かつてはへび座51番星とも呼ばれた[5]りょうけん座α2型変光星に分類される変光星で、2.961日の周期で変光する[5]。大気中のクロムユウロピウムの含有率が高く、またも多くみられる[5]地球地磁気の数百倍もの磁場が観測されている[5]

将来、赤色巨星となった後、炭素酸素の核を太陽質量の0.7倍の質量の白色矮星として残し、外層は惑星状星雲となるであろうと考えられている[5]

0.8離れた位置に見えるB星(11.5等)と連星系を成している[5]

名称[編集]

固有名のクヤム[2] (Cujam[3][4]) は、ラテン語で「棍棒」という意味の Caiam から転訛したものとされる[3]。これはヘラクレスの棍棒に因んでいる[2]が、トレミーが描いた星図には棍棒は描かれておらず、ルネサンス期以降に新たに付けられた名前であるとされる[3]。2017年2月1日、国際天文学連合の恒星の命名に関するワーキンググループ (Working Group on Star Names, WGSN) は、Cujam をω星Aの固有名として正式に承認した[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ a b パーセクは1 ÷ 年周視差(秒)より計算、光年は1÷年周視差(秒)×3.2615638より計算
  2. ^ 視等級 + 5 + 5×log(年周視差(秒))より計算。小数第1位まで表記

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s SIMBAD Astronomical Database”. Results for ome Her. 2017年2月12日閲覧。
  2. ^ a b c 原恵 『星座の神話 - 星座史と星名の意味』 恒星社厚生閣、2007年2月28日、新装改訂版第4刷、146頁。ISBN 978-4-7699-0825-8
  3. ^ a b c d Paul Kunitzsch; Tim Smart (2006). A Dictionary of Modern Star Names. Sky Publishing. p. 40. ISBN 978-1-931559-44-7. 
  4. ^ a b c IAU Catalog of Star Names”. 国際天文学連合 (2017年2月1日). 2017年2月12日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h i j k l James B.Kaler. “Cujam”. STARS. University of Illinois. 2017年2月12日閲覧。
  6. ^ a b c 輝星星表第5版