プロシア公領

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Brandenburg Wappen.svg
Preußischer Adler (1871-1914).svg

ブランデンブルクとプロイセンの歴史
ノルトマルク
先史 - 12世紀
プルーセン
先史 - 13世紀
ブランデンブルク辺境伯
1157 - 1618 (1806)
ドイツ騎士団国
1224 - 1525
プロシア公領プロイセン公国
1525 - 1618 (1525 - 1701)
ポーランド王領プロシア
1466 - 1772
ブランデンブルク=プロイセン
1618 - 1701
プロイセン王国
1701 - 1772
プロイセン王国
1772 - 1918
プロイセン州
1918 - 1947
ブランデンブルク州
1947 - 1952 / 1990 - 現在
ヴァルミア県マズールィ県
1945 - 1999
ヴァルミア=マズールィ県
1999 -
カリーニングラード州
1946 -

プロシア公領ポーランド語: Prusy Książęce、ドイツ語: Herzogtum Preußen)は、近世ヨーロッパに存在した地域区分。1525年プロテスタント宗教改革の時代にあった、東プロイセン公爵領。最初のルター派公爵領。人口のほとんどがドイツ語を話す人々であった、少数民族にはポーランド人リトアニア人が居た。現在のロシアリトアニアポーランド

西部近隣には、ポーランド王領プロシアドイツ騎士団国家プロイセンがあった。

ポーランド及びドイツの歴史的な支配領域の一つ。概ねプロイセン公国を構成する領域。

概要[編集]

騎士修道会であったドイツ騎士団領東プロシア地方に1525年に成立したホーエンツォレルン家ルター派プロテスタントの世俗公領である。首都はケーニヒスベルク (現在のカリーニングラード)。

ドイツ騎士団総長のアルブレヒト が宗教改革時に、騎士団国家領プロイセンを改宗させアルブレヒト・プロイセン公となり、ポーランド王国の封土となった。

1618年、公家が2代で絶えた後、ホーエンツォレルン家のブランデンブルク選帝侯が同族が治めていたプロシア公領を相続し、ブランデンブルク=プロイセンとなる。

1657年フリードリヒ・ヴィルヘルム (ブランデンブルク選帝侯)は、条約により領地の全統治権を獲得する。それは、ポーランド・スウェーデン戦争の講和条約である1660年オリヴァ協定によってポーランド・リトアニア共和国から正式に独立し、プロイセン公国(英語: Duchy of Prussia)となった。

1701年フリードリヒ1世 は全統治権を得てプロイセンの王となる。

1772年、プロイセン王国のポーランド王領プロシア併合後、旧プロシア公領(旧ポーランド管理下のen:Prince-Bishopric of Warmia(独語: Ermland) も含む)は東プロイセンと認識され、他の主なポーランド王領プロシアは西プロイセンとなった。 東プロイセンと西プロイセンからなるプロイセン王国は、主権国家体制で、ブランデンブルクは神聖ローマ帝国レーエンであり、1806年、後の消滅後デ・ジュリ合併をした。


ポーランド王領プロシア(1466年-1772年)とは異なるので注意を要する。ポーランド王領プロシア(英語: Royal Prussia)はポーランド王国の領土であり、プロシア公領(英語: Ducal Prussia)はポーランド王国を宗主国としたポーランド王国の属領で、公はポーランド王に仕える封臣(レーエン)である。

プロイセンの地図 プロシア公領(右側、縞ピンク)、ポーランド王領プロシア(左側、薄ピンク)


関連項目[編集]