王領プロイセン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
王領プロイセン
Prusy Królewskie
Königliches Preußen
ドイツ騎士団国 1466年 - 1772年 プロイセン王国
王領プロイセンの国旗 王領プロイセンの国章
(国旗) (国章)
王領プロイセンの位置
1575年のポーランド=リトアニア共和国のうちの当該領域
王領プロイセン(Royal Prussiaと記載)と
公領プロイセン(Ducal Prussiaと記載)
首都 不明
ポーランド王
1466年 - 1492年 カジミェシュ4世
1764年 - 1772年スタニスワフ2世
変遷
第二次トルンの和約により成立 1466年10月19日
ルブリン合同により
ポーランド王国の一部となる
1569年7月1日
第一次ポーランド分割によりプロイセン王国に併合される1772年8月5日
Arms of Brandenburg.svg
Arms of East Prussia.svg

ブランデンブルクプロイセンの歴史
ノルトマルク
965 - 983
プルーセン
先史 - 13世紀
リューティチ族英語版
983 - 12世紀
ブランデンブルク辺境伯領
1157 - 1618 (1806)
ドイツ騎士団国
1224 - 1525
プロイセン公国
1525 - 1618 (1701)
王領プロイセン
1454/1466 - 1772
ブランデンブルク=プロイセン
1618 - 1701
プロイセン王国
1701 - 1772
プロイセン王国
1772 - 1918
プロイセン自由州
1918 - 1947
クライペダ地方英語版
1920 - 1939 / 1945 - 現在
回復領
1918/1945 - 現在
ブランデンブルク州
1947 - 1952 / 1990 - 現在
カリーニングラード州
1945 - 現在

王領プロイセン(おうりょうプロイセン、ポーランド語: Prusy Królewskieドイツ語: Königliches Preußen)は、近世ヨーロッパに存在した地域区分。ポーランドおよびドイツの歴史的な支配領域の一つ。

概要[編集]

1466年第二次トルンの和約によって成立した、ポーランド王を君主としたプロイセン(プロシア)地方の領域である。1569年ルブリン合同によってポーランド・リトアニア共和国が成立するとポーランド王国側の領土となり、1772年第一次ポーランド分割によってプロイセン王国に併合されるまで存続した。

プロイセン公国プロイセン王国とは異なることに注意。王領プロイセンはあくまでポーランド王国の領土であった。一方、プロイセン公国はポーランド王国を宗主国とする従属国として成立し、1660年にポーランド王国から独立した領域であり、プロイセン王国はその後身である。

第二次トルンの和約で成立した王領プロイセン(1466年 - 1772年、ポーランドの領土)の区分。青はポメレリア、赤はクルマーラント、緑はエルビングマリーエンブルク、黄色はヴァルミア司教領(エルムラント)

関連項目[編集]