クラクフ条約

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

クラクフ条約(クラクフじょうやく、ポーランド語: Traktat krakowskiドイツ語: Vertrag von Krakau)は、1525年4月8日ポーランド王国ドイツ騎士団の間で締結された条約。条約により、1519年に開戦し1521年に停戦したポーランド・ドイツ騎士団戦争英語版が正式に終結した。

条約はドイツ騎士団総長アルブレヒト・フォン・ブランデンブルク=アンスバッハに自由を与えて騎士団から分離、ドイツ騎士団国世俗化により成立したプロイセン公国の公に叙した。4月10日のプロイセンの臣従英語版により正式なものとなった[1][2]

脚注[編集]

  1. ^ Lukowski, Jerzy; Zawadzki, Hubert (2003). A Concise History of Poland. Cambridge: Cambridge University Press. p. 41. ISBN 0 521 55917 0. https://books.google.com/books?id=NpMxTvBuWHYC&pg=PA41 
  2. ^ Davies, Norman (2012). Vanished Kingdoms: The Rise and Fall of States and Nations. New York: Penguin Group. p. 340. ISBN 9781101545348. https://books.google.com/books?id=nZm3Mj9yRJYC&pg=PT340