プラシーボ (アルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
プラシーボ
プラシーボスタジオ・アルバム
リリース
録音 1996年 ダブリン ウェストランド・スタジオ
ジャンル オルタナティヴ・ロックグラムロック
時間
レーベル ハット・レコード
プロデュース ブラッド・ウッド
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 5位(イギリス[1]
  • 50位(フランス[2]
  • プラシーボ アルバム 年表
    プラシーボ
    (1996年)
    ウィズアウト・ユー・アイム・ナッシング
    (1998年)
    テンプレートを表示

    プラシーボ』(Placebo)は、イギリスオルタナティヴ・ロックバンドプラシーボ1996年に発表した初のスタジオ・アルバム

    背景[編集]

    本作に収録された曲のうち、「傷だらけの俺」は1995年にスープというユニットとのスプリット・シングルで発表されており[3]、「カム・ホーム」はインディーズのディセプティヴ・レコード英語版より1996年3月にシングルとして発表された[4]。その後、シングル「36ディグリーズ」と本作がリリースされた。ブライアン・モルコは、本作について「ショート・ストーリーのコレクションみたいなアルバムにしたかった」「あちこちでショックを与えるものにしたかった」と語っている[4]

    日本盤にボーナス・トラックとして追加収録された「ハグ・バブル」は、イギリスでは後にシングル「ティーンエイジ・アングスト」のカップリング曲としてリリースされ[5]、「スラッカー・ビッチ」は1997年にリリースされたイギリス盤シングル「ナンシー・ボーイ」のカップリング曲となった[6]

    本作でドラムスを担当したロバート・シュルツベルグと他のメンバーとの間に不和が生じたため、バンドはスティーヴ・ヒューイットを正式なドラマーとして迎え、シュルツベルグは1996年9月にバンドを脱退した[7]

    ジャケット[編集]

    ジャケットには1996年当時12歳だった少年の写真が使われているが、これは少年のいとこ(プロの写真家であった)が撮影したもので、彼はこのジャケットが原因で学校でいじめを受け、最終的には退学する事態となったため、2012年6月にプラシーボを訴えることを表明した[8][9]

    反響[編集]

    本作は全英アルバムチャートで5位を記録。そして、アルバム発表後にシングル・カットされた「ティーンエイジ・アングスト」は全英シングルチャートで30位、「ナンシー・ボーイ」は4位、「傷だらけの俺」は14位に達した[10]

    収録曲[編集]

    全曲ともプラシーボ作。

    1. カム・ホーム "Come Home" – 5:09
    2. ティーンエイジ・アングスト "Teenage Angst" – 2:42
    3. バイオニック "Bionic" – 5:00
    4. 36ディグリーズ "36 Degrees" – 3:05
    5. ハング・オン・トゥ・ユア・IQ "Hang On to Your IQ" – 5:13
    6. ナンシー・ボーイ "Nancy Boy" – 3:47
    7. アイ・ノウ "I Know" – 4:43
    8. 傷だらけの俺 "Bruise Pristine" – 3:35
    9. レイディー・オブ・ザ・フラワーズ "Lady of the Flowers" – 4:47
    10. スワロウ "Swallow" – 4:53

    日本盤ボーナス・トラック[編集]

    1. スラッカー・ビッチ "Slacker Bitch" – 3:23
    2. ハグ・バブル "Hug Bubble" – 3:02

    参加ミュージシャン[編集]

    脚注[編集]