ブン上県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
本来の表記は「汶上県」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。
中華人民共和国 山東省 汶上県
宝相寺(中都博物館)
宝相寺(中都博物館)
簡体字 汶上县
繁体字 汶上縣
拼音 Wénshàng Xiàn
カタカナ転写 ウェンシャン シェン
国家 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
山東
地級市 済寧市
行政級別
県長 孫琪
面積
総面積 877 km²
人口
総人口(2003) 73 万人
経済
電話番号 0537
郵便番号 272500
ナンバープレート 魯H
行政区画代碼 370830
公式ウェブサイト http://www.wenshang.gov.cn/

汶上県(ぶんじょう-けん)は中華人民共和国山東省済寧市に位置する。儒家文化の色濃く残る県で、唐代の文廟建築群や南旺分水竜王廟などが現在も残っている。

歴史[編集]

漢の宣帝の甘露2年(前52年)前後に兗州東平国に属する平陸県が置かれこれが汶上県の始まりである。三国時代は、兗州東平国(郡)東平陸県となる。南朝朝時代平陸県から東平県に改称、隋の初めには平陸県と改称。唐代の天宝元年(742年)3月に中都県に改称。金貞元年(1153年)汶陽県と改称される。金の泰和8年(1208年)「汶水在上(北)」の意より汶上県と改称され現在に至る。明代には県域は現在の2.5倍あった。人口73万(2003年時点)高知県(72.8万)と相当する。

行政区画[編集]

下部に2街道、11鎮、2郷を管轄する。

  • 街道:中都街道、汶上街道
  • :南站鎮、南旺鎮、次丘鎮、寅寺鎮、郭楼鎮、康駅鎮、苑庄鎮、義橋鎮、郭倉鎮、白石鎮、楊店鎮
  • :軍屯郷、劉楼郷