ブラックサイト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ブラックサイト
Untraceable
監督 グレゴリー・ホブリット
脚本 ロバート・フィヴォレント
マーク・R・ブリンカー
アリソン・バーネット
製作 アンディ・コーエン
ハワード・W・コッチ・ジュニア
ゲイリー・ルチェシ
スティーヴン・パール
トム・ローゼンバーグ
製作総指揮 ジェームズ・マクウェイド
エリック・リード
ハリー・タネンバウム
リチャード・S・ライト
出演者 ダイアン・レイン
ビリー・バーク
コリン・ハンクス
ジョセフ・クロス
メアリー・ベス・ハート
音楽 クリストファー・ヤング
撮影 アナスタス・ミコス
編集 デヴィッド・ローゼンブルーム
製作会社 レイクショア・エンターテインメント
配給 アメリカ合衆国の旗 スクリーン・ジェムズ
日本の旗 ソニー・ピクチャーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 2008年1月25日
日本の旗 2008年4月12日
上映時間 100分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $35,000,000[1]
興行収入 $52,659,594[1]
テンプレートを表示

ブラックサイト』(原題: Untraceable)は、2008年に公開されたアメリカサスペンス映画R-15指定。原題は「追跡不可能」の意。また、この映画ではインターネット上のシャーデンフロイデ(いわゆる「他人の不幸は蜜の味」)について投げかけが行われている[2]

概要[編集]

オレゴン州ポートランドを舞台に「killwithme.com」というサイトで殺人の実況中継を行なう犯人と、それを食い止めようとするFBIサイバー捜査官の戦いを描く。監督は『オーロラの彼方へ』、『真実の行方』のグレゴリー・ホブリット。日本では2002年の『ジャスティス』以来、6年ぶりの新作となった。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹き替え

スタッフ[編集]

各国レイティング[編集]

詳細は映画のレイティングシステムを参照。

  • アメリカ:R(17+)
  • 日本:R-15
  • イギリス:18
  • ドイツ:16
  • フランス:-16
  • スウェーデン:15
  • カナダ:18A、16+(ケベック州のみ)
  • スイス:16
  • イスラエル:18
  • シンガポール:NC-16
  • アイルランド:18
  • 韓国:18
  • オーストラリア:MA(15+)
  • オランダ:16
  • 台湾:R-18
  • フィリピン:R-13

脚注[編集]

  1. ^ a b Untraceable (2008)”. Box Office Mojo. 2010年8月7日閲覧。
  2. ^ Murray, Rebecca (2008年1月23日). “Diane Lane Talks About 'Untraceable'”. About.com. 2008年1月25日閲覧。

外部リンク[編集]