フランシス・ベリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
フランシス・ベリー
Francis -Berry20110105.jpg
基本情報
国籍 アイルランドの旗 アイルランド
生年月日 (1981-01-02) 1981年1月2日(38歳)
身長 173cm
体重 55kg
血液型 B型
騎手情報
初免許年 1996年
騎手引退日 2019年
テンプレートを表示

フランシス・ベリーFrancis Berry1981年1月2日 - )は、アイルランドの元騎手

日本での騎乗当初は「フラン・ベリー」と報道されていた場合もあったが、その後は現在の「フランシス・ベリー」に統一されている。

来歴[編集]

1996年、アイルランド騎手免許を取得。

2008年、85勝を挙げ、アイルランドリーディング2位となる。

2009年11月、アーガー・ハーン4世ジョン・オックス厩舎主戦騎手となる[1]。同年は73勝を挙げ、リーディング3位。

2010年8月7日シャーガーカップにアイルランド代表の一員として出場。最多ポイントを獲得しチームを優勝へと導いた[2]9月11日パスフォーク(Pathfork)でヴィンセント・オブライエンナショナルステークスを勝ち、G1初制覇。11月、アーガー・ハーン4世、ジョン・オックス厩舎との主戦騎手契約が解除される。両者は新たにジョニー・ムルタと契約を結んだ[1]。同年は88勝を挙げ、リーディング2位。

またこの年、12月18日から12月31日までの期間で、初めて日本中央競馬会(JRA)の短期騎手免許を取得。日本での重賞初騎乗となった12月19日朝日杯フューチュリティステークスでは、4番人気のリアルインパクトに騎乗し、2着に入った。12月25日中山競馬第8競走をサイオンで勝ち、日本での初勝利を挙げた。

2011年1月5日から2月4日までの期間でJRAの短期騎手免許を取得し、前年末から引き続き日本で騎乗した。その後、2月5日から3月4日までの期間、10月29日から11月27日までの期間で再度短期騎手免許を取得。しかし11月20日東京競馬第12競走で、馬場入場後に騎乗馬から振り落とされ負傷。右足関節脱臼骨折と診断された[3]。アイルランドでは50勝を挙げ、リーディング4位だった。

2012年、アイルランドで41勝を挙げ、リーディング8位となる。

2013年、1月5日から2月25日までの期間で、JRAの短期騎手免許を取得[4]1月20日アメリカジョッキークラブカップダノンバラードで勝ち、日本の重賞を初制覇。しかしこの際、最後の直線コースで内側に斜行し、トランスワープゲシュタルトの進路を妨害したことについて、1月26日から2月10日まで実効6日間の騎乗停止処分を受けた[5]。翌1月21日には、京成杯[6]フェイムゲームで勝ち、2日連続の重賞制覇を果たした。アイルランドでは42勝を挙げ、リーディング7位だった。

2014年、1月5日から2月23日までの期間で、JRAの短期騎手免許を取得した[7]

2016年シーズンよりイギリスのラルフ・ベケット調教師の管理馬に騎乗する。これに伴い、アイルランドからイギリス・ハンプシャー州に移住する[8]

2019年1月、落馬事故により脊椎を損傷。その後リハビリを続けていたが復帰はかなわず、2019年4月1日に騎手生活の引退を発表した[9]

主な騎乗馬[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b “Johnny Murtagh signs up to ride Aga Khan's horses trained in Ireland”. http://www.guardian.co.uk/sport/2010/nov/16/johnny-murtagh-aga-khan 2011年1月22日閲覧。 
  2. ^ “【シャーガーC】アイルランドが優勝”. http://www.sanspo.com/keiba/news/100809/kba1008090502006-n1.htm 2011年1月22日閲覧。 
  3. ^ “ベリー騎手が右足骨折 JCジャガーメイルは四位騎手に乗り替わり”. 競馬・公営 - ZAKZAK. http://www.zakzak.co.jp/race/horse/news/20111121/hrs1111211243004-n1.htm 2011年11月21日閲覧。 
  4. ^ 4名の騎手に短期騎手免許を交付”. JRA 日本中央競馬会 (2013年1月3日). 2013年1月13日閲覧。
  5. ^ “F・ベリー騎手 騎乗停止”. ラジオNIKKEI 競馬実況web. (2013年1月29日). http://keiba.radionikkei.jp/keiba/news/entry-226035.html 2013年1月20日閲覧。 
  6. ^ 本来14日に予定されていたが、大雪により中止・順延となった [1]
  7. ^ 外国人3騎手に短期騎手免許交付”. JRA 日本中央競馬会 (2014年1月3日). 2014年1月6日閲覧。
  8. ^ ベリー騎手、アイルランドからイギリスに拠点を移す(アイルランド・イギリス)ジャパンスタッドブックインターナショナル、2016年8月5日閲覧
  9. ^ 【沢田康文の欧州リポート】フランシス・ベリー騎手引退サンスポZBAT!競馬、2019年5月11日閲覧

外部リンク[編集]