フランク・バートレット・ウィリス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フランク・バートレット・ウィリス

フランク・バートレット・ウィリス(Frank Bartlett Willis1871年12月28日 - 1928年3月30日)はアメリカ合衆国オハイオ州共和党の政治家。第47代オハイオ州知事。

ウィリスはオハイオ州ルイスセンターの小村の近くの農場で、南北戦争に従軍したバーモント州生まれのJ・B・ウィリスとその妻ラヴィニアとの間に生まれた。 ウィリスは1894年にオハイオ・ノーザン大学を卒業。 オハイオ・ノーザン大学で12年間教えた後、ウィリスは弁護士となって開業した。 またオハイオ・ノーザン大学で教えている間、1900年から1904年までオハイオ州下院議員を務め、その後の1910年に連邦下院議員に選ばれ1911年から1915年まで務めた。 1914年にオハイオ州知事に当選し、1915年から1917年まで1期2年を務めるが、1918年の選挙では1914年に破ったジェイムズ・コックスに破り返され再選を阻まれる事となった。

1920年共和党大会でウォレン・ハーディングが指名された後、同年にウィリスは連邦上院議員に選出され、大統領に当選し就任するため上院議員を辞任したハーディングの後釜となった。 ウィリスは上院議員の間、1923年から1928年までアラスカハワイフィリピンプエルトリコを含む海外領土を管轄する準州・島嶼領土委員会(Committee on Territories and Insular Possessions)の委員長を務めた。

デラウェア郡ウィリスを大統領にする会(the Delaware County Willis-for-President Club)によって組織された、「州の有力候補」ウィリスの大統領選出馬のための共和党のイベントの期間、1928年オハイオ州デラウェアオハイオ・ウェスリアン大学のグレイ・チャペルでウィリスは上院議員在職のまま死去した。 彼はオーク・グローヴ墓地に埋葬された。 ウィリスの公文書(Willis's official papers)は寄贈され、オハイオ史協会で研究のために公開されている。

関連項目[編集]

先代:
ジェイムズ・コックス
オハイオ州知事
1915年 - 1917年
次代:
ジェイムズ・コックス