ジェームズ・エドウィン・キャンベル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジェームズ・エドウィン・キャンベル

ジェームズ・エドウィン・キャンベル(James Edwin Campbell1843年7月7日 - 1924年12月18日)はアメリカ合衆国オハイオ州民主党の政治家。第38代オハイオ州知事。

キャンベルはオハイオ州ミドルタウンで生まれ、そこで公立学校とマイアミ大学に通った。 南北戦争時はMississippi River Squadronの一員として北軍にいた。

ジェームズ・キャンベルは1865年に弁護士になり2年後にオハイオ州ハミルトンで開業した。 1876年から1880年までオハイオ州バトラー郡で検事をした後、キャンベルは民主党として連邦下院議員にオハイオ州の第7選挙区から2度(第48議会第50議会)、オハイオ州の第3選挙区から1度(第49議会)選ばれ、1884年から1889年まで議員を務めた。 第49議会では下院Committee on Alcoholic Liquor Trafficの委員長であった。

その後、キャンベルはオハイオ知事に当選し、1890年から1892年まで務める。 1891年には後の大統領ウィリアム・マッキンリーに敗れ再選を果たせなかった。 1895年の3度目の出馬の際も落選した。

政治への意欲を失わずに、キャンベルは1892年、1920年、1924年の民主党大会への代表にもなる。 1908年から1911年までオハイオ州の法律をまとめる仕事をした。

1892年にキャンベルはオハイオ州コロンバスで弁護士業を再開し、そこで1924年に死去。 ジェームズ・エドウィン・キャンベルはグリーン・ローン墓地に埋葬された。

参考文献[編集]

先代:
ジョセフ・ベンソン・フォラカー
オハイオ州知事
1890年 - 1892年
次代:
ウィリアム・マッキンリー