フライベルクの戦い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
フライベルクの戦い
Bataille de Freiberg.jpg
戦争七年戦争
年月日1762年 10月29日
場所ザクセン選帝侯領フライベルク
結果:プロイセン軍の勝利
交戦勢力
Flag of the Kingdom of Prussia (1750-1801).svgプロイセン王国 Banner of the Holy Roman Emperor (after 1400).svg神聖ローマ帝国
Flag of the Habsburg Monarchy.svgオーストリアハプスブルク帝国
指導者・指揮官
Flag of the Kingdom of Prussia (1750-1801).svgハインリヒ・フォン・プロイセン Banner of the Holy Roman Emperor (after 1400).svgクリスティアン・カール (シュトルベルク=ゲーデルン公)
Flag of the Habsburg Monarchy.svgアンドレアス・ハディク・フォン・フタク (András Hadik
戦力
22,000-22,657 27,000-31,000
損害
死傷 1,400 死傷 7,400(うち捕虜4,000)

フライベルクの戦い: Schlacht bei Freiberg)は、ザクセン選帝侯領で1762年10月29日に行われた、七年戦争最後の大規模な戦闘である。

背景[編集]

1762年に女帝エリザヴェータが薨去すると、ロシアは戦争から離脱した。その間に、プロイセン王国は絶望的な状況から救われる。しかしオーストリアハプスブルク君主国)軍と神聖ローマ帝国軍英語版は戦闘行為を継続したため、戦争の帰趨は決していなかった。

ザクセンでは当初、プロイセン王子ハインリヒが神聖ローマ帝国軍を相手に、優勢に作戦行動を進めていた。しかし1762年8月2日、ザイトリッツ中将がテプリツェで敗れると、ザクセンの大部分が失われる危機が生じた。フリードリヒ大王はザクセンのほとんどを、プロイセンの勢力下に留めるよう固執する。占領した地域は、将来の講和会議で交渉材料になる予定であった。

ハインリヒ王子はフライベルクで、24個大隊、7個義勇大隊ドイツ語版および72個騎兵中隊を指揮下に置いていた。すなわち15,636名の歩兵と7,021名の騎兵、合わせて22,657名の兵力である。神聖ローマ帝国軍に従うのは45個大隊と74個騎兵中隊であり、さらにザクセン公子アルベルト・カジミールが率いる軍団の来援を待っていた。

戦闘の経過[編集]

ハインリヒ王子は神聖ローマ帝国軍をザクセンから駆逐するため、会戦を決意する。10月28日から10月29日にかけての夜、プロイセン軍は4個の部隊に分かれて、防備を固めた帝国軍の陣地を目指した。

ベリンク少将が最初の攻撃を指揮し、ある高地の占領に成功した。そこは帝国軍の右翼を砲撃するべく、1個砲兵中隊を配置できる場所であった。いよいよプロイセン軍の前衛部隊がヴェーゲファート(Wegefarth)からオーバーシェーナ英語版を経由して前進する。そしてそこに配置されていたフザールを追い払うと、帝国軍の左側面に回った。帝国軍はこの迂回行動から逃げず、砲撃戦を展開するだけであった。

その間にプロイセンの歩兵は、帝国軍陣地への経路を確保する。そしてザイトリッツ中将率いる騎兵隊が攻撃を敢行すると、帝国軍の歩兵はついに撃退された。両軍とも粘り強く戦ったものの、2時間後には戦闘が終結する。帝国軍はムルデ川英語版を渡り、退却せねばならなかった。

影響[編集]

この戦いをもって、ザクセンでの作戦行動は終了した。フリードリヒ大王は、弟の勝報を褒め称える。

「朗報は私を20歳も若返らせた。昨日、私は60歳だったが今日は40歳だ。貴方は国に対し、かくも大変な貢献をしてくれた。それは私にとって感謝しきれず、自ら謝意を表さずに居られないほどである。

また、次のように断言している。

この勝利によって、貴方はオーストリアの頑固さに留めを刺した名誉を、御身のものとすることができるであろう。

実際、神聖ローマ帝国軍とオーストリア軍にとってザクセンの戦況は、支えきれないものとなっていた。プロイセンの勝利は、あらゆる方面からの講和の希求に繋がる。フリードリヒ大王は自己批判を経てもなお、弟のハインリヒ王子を、戦争の間に間違いを犯さなかった唯一の将軍と認めたのである。

参考文献[編集]

  • Joachim Engelmann, Günter Dorn: Die Schlachten Friedrich des Großen. Nebel-Verlag, Utting 2001, ISBN 3-89555-004-3 (Nachdr. d. Ausg. Friedberg 1986).
  • ハンス・ヨアヒム・フリードリヒスドイツ語版: Weltgeschichte. Eine Chronik. Naturalis-Verlag, München 1993, ISBN 3-88703-814-2 (Nachdr. d. Ausg. München 1988).
  • Olaf Groehler: Die Kriege Friedrichs II. 5. Aufl. Militärverlag der DDR, Berlin 1989.
  • Hannsjoachim W. Koch: Geschichte Preußens („A History of Prussia“). Pawlak-Verlag, Herrsching 1986, ISBN 3-88199-309-6 (Joachim Heimannsberg および Ulrich Riemerschmidt 翻訳).
  • Friedrich R. Paulig: Geschichte des Siebenjährigen Krieges. Ein Beitrag zur deutschen Geschichte der Jahre 1740-1763. LTR-Verlag, Starnberg 1988, ISBN 3-88706-275-2 (Nachdr. d. Ausg. Frankfurt/Oder 1878).
  • Walther Rohdich: Friedrich Faszination. 200 Tage aus seinem Leben. Podzun-Pallas Verlag, Friedberg 1986, ISBN 3-7909-0266-7 (Kapitel: Freiberg).