モイスの戦い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
モイスの戦い
Combat de Goerlitz.jpg
戦争七年戦争
年月日1757年9月7日
場所:モイス(現ポーランドウヤストドイツ語版
結果:オーストリアの勝利
交戦勢力
Flag of the Habsburg Monarchy.svg ハプスブルク君主国 Flag of the Kingdom of Prussia (1750-1801).svg プロイセン王国
指導者・指揮官
Flag of the Habsburg Monarchy.svg フランツ・レオポルト・フォン・ナーダシュディ Flag of the Kingdom of Prussia (1750-1801).svg ハンス・カール・フォン・ヴィンターフェルト 
戦力
兵士20,000-32,000
大砲24門
13,000
損害
1,800 1,500

モイスの戦い(モイスのたたかい、英語: Battle of Moys)は七年戦争中の1757年9月7日ハンス・カール・フォン・ヴィンターフェルト率いるプロイセン軍がオーストリア軍に敗北した戦闘。

背景[編集]

1757年6月、プロイセン軍はコリンの戦いで敗北して撤退していたが、カール・アレクサンダー・フォン・ロートリンゲンレオポルト・フォン・ダウン率いるオーストリア軍にザクセンまで追撃されていた。

ブラウンシュヴァイク=ベーヴェルン公アウグスト・ヴィルヘルム率いるプロイセン軍本隊はオーバーラウズィッツ英語版ゲルリッツ近くのランデスクローネドイツ語版山に布陣した。一方、シュレージエンとザクセンの間で連絡線を確保していたハンス・カール・フォン・ヴィンターフェルト率いる一軍はナイセ川右岸のモイス村にあるホルツベルク山を占領した。

来たる戦いの契機となったのは、高級指揮官たちと今後の作戦計画を検討しようとしたヴェンツェル・アントン・カウニッツの、ヤウアーニックドイツ語版近くにあったオーストリア大本営への到着であった。

経過[編集]

7月9日、フランツ・レオポルト・フォン・ナーダシュディ率いる兵士2万と大砲24門の軍勢はモイス近郊のプロイセン軍前哨を攻撃する。彼はヴィンターフェルトが、この時点では半マイル離れたゲルリッツの軍営にいるという状況を利用したのである。ヴィンターフェルトはオーストリア軍の来襲を知ると5個大隊を率いて急ぎ救援に向かった。そして劣勢であったにも拘らず、オーストリア軍をひとまず押し返す。しかしアウグスト・ヴィルヘルム公から追加の増援が届かなかったので、ナーダシュディはプロイセン軍を迂回し、背後から攻撃することができた。ヴィンターフェルトは致命傷を負い、翌日に没した。今日なお、彼の記念碑が残されている。最終的に、ヴィンターフェルトの軍団は撤退を強いられた。

影響[編集]

ハンス・カール・フォン・ヴィンターフェルトの死により、アウグスト・ヴィルヘルム公は有能な顧問を失った。そして続く数週間にわたって9万に迫るオーストリア軍の追撃を受け、補給を断たれながらも公は整然と撤退する。プロイセン軍の撤退はラウジッツシュレージエンを通り越してブレスラウの城門まで続いた。1757年11月には、要塞都市シュヴァイトニッツ英語版の失陥(第一次シュヴァイトニッツ包囲戦)とブレスラウの戦いにおける敗北が続くこととなる。

参考文献[編集]

  • Johann Wilhelm von Archenholz: Geschichte des Siebenjährigen Krieges in Deutschland. Reprint-Verlag, Holzminden 1997, ISBN 3-8262-0106-X (Nachdr. d. Ausg. Leipzig 1911).
  • Joachim Engelmann, Günter Dorn: Friedrich der Große und seine Generale. Edition Dörfler, Utting 2001, ISBN 3-89555-002-7.
  • Olaf Groehler: Die Kriege Friedrichs II. Brandenburgisches Verlagshaus, Berlin 1989, ISBN 3-327-00038-7.
  • Friedrich R. Paulig: Geschichte des Siebenjährigen Krieges. Ein Beitrag zur deutschen Geschichte der Jahre 1740 - 1763. LTR-Verlag, Starnberg 1988, ISBN 3-88706-275-2, (Nachdr. d. Ausg. Frankfurt/Oder 1878).

外部リンク[編集]