フライディ・チャイナタウン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
フライディ・チャイナタウン
泰葉シングル
初出アルバム『TRANSIT』
B面 モーニング・デート
リリース
ジャンル J-POP
レーベル ポリドール・レコード
現・ユニバーサルミュージック
作詞・作曲 荒木とよひさ、海老名泰葉
チャート最高順位
泰葉 シングル 年表
フライディ・チャイナタウン
1981年
ブルーナイト・ブルー
1982年
テンプレートを表示

フライディ・チャイナタウン」は、1981年9月21日に発売された泰葉デビューシングル。発売元はポリドール・レコード(現・ユニバーサルミュージック)。

解説[編集]

自ら作曲もこなす泰葉のデビュー曲。なお、タイトルにある「フライディ」の歌詞中の英語綴りは "金曜日" の「FRIDAY」ではなく、"飛ぶ" を意味する「FLY-DAY」である。サビから始まる歌い出だしの、起伏あるメロディが特徴のひとつとなっている。テレビ番組やステージで披露する際は、キーボード弾き語りで歌唱することが多い。

横浜をイメージさせる楽曲ばかりを集めた2枚組コンピレーション・アルバム横浜幻想(ヨコハマ・ファンタジー)』(2004.1.28)に収録されている。ちなみに、本楽曲の歌詞に「横浜」という具体的な地名は登場していない。

春風亭小朝との離婚を発表して間もない2007年12月3日日本テレビバラエティオジサンズ11』内で久しぶりに本楽曲をテレビ披露した。のち、2008年から歌手活動を本格的に再開することを発表。先駆け、2008年8月30日に放送されたNHK第40回思い出のメロディー』(「紅白」といわれることがある音楽番組)に出演し、本楽曲を第2部で歌唱した。

2016年6月に三遊亭圓楽 (6代目)の不倫問題が発覚した直後の笑点にて、同番組にレギュラー出演する実弟林家三平の兄弟子である林家たい平が一連の騒動をイジるネタとして使用。不倫を報じた写真誌フライデーと宿泊先ホテルの名を結びつける形で歌唱した。

収録曲[編集]

  1. フライディ・チャイナタウン
  2. モーニング・デート
    • 作詞: 荒木とよひさ 、作曲: 海老名泰葉 、編曲: 井上鑑

関連作品[編集]

関連項目[編集]