フォード・AJDエンジン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

フォード・AJDエンジン(Ford AJD engines)は、アメリカ合衆国の自動車メーカであるフォード2004年から製造している自動車ディーゼルエンジンの系統である。フォード・ライオンエンジンFord Lion engines )とも呼ばれる。開発のかなりの部分が、フランスの自動車製造グループであるPSAとの合弁事業で行われた。

製品バリエーション[編集]

フォード・AJDエンジンが搭載されたレンジローバースポーツ

1999年、PSAとフォードはディーゼルエンジンの共同開発に合意した。フォード・AJDエンジンはこの合弁事業から生まれた系統のうちの1つである。2004年に2.7 リットルV型6気筒モデルが、後に3.6 リットルのV型8気筒モデルが登場した。

共通の特徴としてシリンダーブロックに薄肉化に適したコンパクト黒鉛鋳鉄(英語版)CGIダクタイル鋳鉄も参照。)を採用し、シリンダーヘッドアルミニウム合金製で、気筒あたり4本のマルチバルブDOHCとするなど、軽量化と高効率化に注力されている。またコモンレールダイレクトインジェクションも採用された。

広義のフォード・デュラトルクエンジンFord Duratorq engines )シリーズの一員でもある。

Lion V6[編集]

フォード・AJDエンジン系列の最初の製品である。V6はPSAとの合弁事業で生産される。2.7 リットルと3.0 リットルの2つのバージョンがあり、2つのターボチャージャーで過給される。ジャガーに搭載された最初のディーゼルエンジンでもある。ランドローバーにも搭載され、LR-TDV6と呼ばれている。ジャガーは1989年、ランドローバーは2000年から、両者がともにタタ・モーターズに売却される2008年まで、それぞれフォードの子会社であり、1ブランドであった。

AJ-V6D 2.7[編集]

2.7 リットル版はPSAとの合弁事業で設計・生産された。PSAの車種にも搭載され、DT17と呼ばれている。

搭載車種:

AJ-V6D Gen III[編集]

2009年、2,933 cc版が登場した。内径φ84mm×行程90mm。圧縮比は16:1である。PSAの車種にも搭載され、DT20Cと呼ばれている。

搭載車種:

ライオンV8[編集]

2006年V型8気筒版が登場した。2.7 リットル版にシリンダーが2本追加され、排気量は3.6 リットルと4.4 リットルである。エンジンの特徴はV型6気筒版と同一で、DOHC4バルブを2つずつの空冷インタークーラーとターボチャージャーで加給する。ランドローバーではLR-TDV8と呼ばれている。

3.6[編集]

3,628 cc版が先に登場した。内径×行程は2.7 リットル版と同一であり、2気筒が追加されている。最高出力は272 hp / 4,000 rpm、最大トルクは640 Nm / 2,000 rpm。

搭載車種:

4.4[編集]

2010年9月、4,367 cc版が登場した。内径φ84 mm×行程98.5 mm。最高出力は313 hp / 4,000 rpm、最大トルクは700 Nm / 1,500 rpm。

搭載車種:

外部リンク[編集]