ランドローバー・レンジローバースポーツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ランドローバー・レンジローバー > ランドローバー・レンジローバースポーツ

レンジローバースポーツ(Range Rover Sport)は、インドタタ自動車の子会社である、イギリスランドローバーが2005年に発表した高性能SUVである。

コンセプトカー (レンジストーマー)[編集]

レンジストーマー

2004年1月、北米国際自動車ショーにてレンジストーマーとして発表された。4.2Lスーパーチャージャー付きガソリンエンジン、6速オートマチックトランスミッションフルタイム四輪駆動が搭載された[1]

初代 (2005年 - 2013年) L320[編集]

レンジローバースポーツ
初代
レンジローバースポーツ(2005年)
2005 Range Rover Sport front q.jpg
販売期間 2005年 - 2013年
ボディタイプ 5ドアSUV
エンジン ジャガー製 4.4 L V8 (2005-2009)
ジャガー製 4.2 L V8 スーパーチャージド (2005-2009)
ジャガー製 5.0 L V8 (2009-2013)
ジャガー製 5.0 L V8 スーパーチャージド (2009-)
フォード製 2.7 L V6 ターボディーゼル (2005-2009)
フォード製 3.6 L V8 ターボディーゼル (2005-2009)
フォード製 3.0 L V6 ターボディーゼル (2009-2013)
駆動方式 4WD
変速機 6速AT
全長 2005-09: 188.5 in (4788 mm)
2010-13: 188.3 in (4783 mm)
全幅 2005-09: 75.9 in (1928 mm)
2010-13: 76.1 in (1933 mm)
全高 71.5 in (1816 mm)
ホイールベース 108.0 in (2743 mm)
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示

ポルシェ・カイエンの成功により刺激されて作られたSUVといわれている。ランドローバーのスポーツツアラーとして登場した第5番目のモデル。ボディはレンジローバーに似ているが、シャシーは、ディスカバリー3と共通のインテグレーテッド・ボディ・フレームを採用している。ホイール・ベースはディスカバリー3より短く、サスペンションなどの味付けも異なる。

レンジローバーはゆったりとくつろげる走りであるのに対し、レンジローバースポーツはスポーティな走りを意識した設計となっている。

ガソリンエンジンはいずれもV型8気筒AJ-V8エンジンで、4.4リッターの自然吸気エンジンと4.2リッターのスーパーチャージャー付きモデルがある。ディーゼルエンジンはフォード・AJDエンジンで、2.7リッターのV型6気筒ターボディーゼルと3.6リッターのV型8気筒ターボディーゼルのモデルがある。

スーパーチャージド・モデルには、ダイナミック・レスポンスというコーナリング時のボディ・ロールを抑えるアクティブ・スタビライザーが装備される。2つのGセンサーから得た路面の凹凸率から、オフロード走行をしていると感知すると、ダイナミック・レスポンスの作動を制限し、オフロード走行に必要なサスペンションの作動を妨げないようになっており、オンロード性能向上のために、ランドローバー伝統のオフロード性能を犠牲にはしていない。

ビッグマイナーチェンジ(後期モデル)

2009年4月、NYモーターショーでマイナーチェンジモデルを発表。パワートレインが変更され、ガソリンモデルはスーパーチャージド・モデルおよびNAともに、新開発の5リッターAJ-V8 Gen IIIエンジンを採用。ディーゼルは新開発の3.0リッターAJ-V6D Gen IIIエンジンに統一。またフロントグリルにハニカムメッシュデザインを採用するなど内外装を大幅リファインした。[2]

2013年、初代の生産が終了した[3]

日本での販売[編集]

  • 2005年9月14日に、ガソリンエンジンモデルのみが日本に導入され、グレードはジャガー製の4.2リッターV8をスーパーチャージャーで過給した「ファーストエディション」と「スーパーチャージド」、4.4リッターV8自然吸気ユニットの「HSE」の3種類用意された[4]
  • 2008年3月1日にラインナップが変更され、「4.2 V8 スーパーチャージド」と「4.4 V8」の2グレード展開となった[5]
  • 2009年12月5日、マイナーチェンジ。新エンジンとなり「5.0 V8 スーパーチャージド」と「5.0 V8」の2グレード展開となった[6]。ハンドル位置はすべて右ハンドルとなる。
  • 2010年9月、2011年モデル発売。新グレード「オートバイオグラフィ スポーツ」が追加された。電子デバイスが強化され、ヒルスタート・アシストとグラディエント・アクセレーション・コントロールが搭載された。また、DVDナビゲーションシステムに変更されデジタルテレビチューナーが搭載された[7]
  • 2011年6月4日、特別仕様車「レンジローバースポーツ プレミアムパッケージ」発売[8]
  • 2011年12月、2012年モデル発売。外装のデザインが変更され、フロントグリルとヘッドランプ内バックプレートがグロスブラック化され、ドアハンドルがボディ同色に変更されたほか、ホイールセンターキャップのロゴが「LAND ROVER」から「RANGE ROVER」に変更された[9]
  • 2012年1月14日、特別仕様車「レンジローバースポーツ 5.0 V8 LIMITED」発売。30台限定[10]
  • 2012年6月12日、2013年モデル発売。「5.0 V8 スーパーチャージド」と「オートバイオグラフィー・スポーツ」にレッド・ブレーキ・キャリパーが標準装備となった[11]
  • 2013年3月6日、特別仕様車「レンジローバースポーツ 5.0 V8 LIMITED」発売。120台限定[12]
グレード 製造年 エンジン型式 エンジン 排気量 最大出力 変速機
ファーストエディション 4WD 2005年11月 - 2008年2月 428PS型 V型8気筒DOHC 4196cc 390ps/56.0kg・m 6速AT
4.2 V8 スーパーチャージド 4WD 2006年1月 - 2009年11月
4.4 V8 4WD 448PN型 4393cc 299ps/43.3kg・m
グレード エンジン型式 エンジン 排気量 最大出力 変速機
オートバイオグラフィ スポーツ 4WD 2010年9月-2013年5月 508PS型 V型8気筒DOHC 4999cc 510ps/63.8kg・m 6速AT
5.0 V8 スーパーチャージド 4WD 2009年12月-2013年5月
5.0 V8 4WD 508PN型 375ps/52.0kg・m

2代目 (2013年 -) L494[編集]

レンジローバースポーツ (2代目)

2013年4月のニューヨークモーターショーにて発表された[13]

シャシーは前年にフルモデルチェンジされた「レンジローバー」と共通のオールアルミのモノコックボディを採用し、大幅に軽量化された。(V6で2140kg/V8で2310kg)

パワートレンンは、5.0L V型8気筒のスーパーチャージャー付きLR-V8エンジンと、新開発の3.0lV6気筒スーパーチャージャ付きエンジン(SCV6)の2種のガソリンエンジン、さらにディーゼルエンジンは前モデルから継続のAJ-V6D Gen IIIエンジン3.0L V型6気筒ツインターボ最高出力292PS・最大トルク600NmのLR-SDV6と、TDV6エンジンの2種類(いずれも当初は日本未導入)。ZF製の8速AT(コマンドシフト付)が組み合わせられる。

ボディサイズは、全長4855x全幅1985x全高1800mmで、ホイールベースは2920mm。フロントとリアのウィンドウが寝かされよりスポーティなデザインになった。

走行面では「オールテレインレスポンス2」や 60km /hまでならば停止することなく副変速機の切り替えができる「シフト・オン・ザ・ムーブ」などを搭載。最大渡河深度は150mm増え850mmとレンジローバーに見劣りしない性能となった。

モデルの変遷

2013年8月、ランドローバー初となるハイブリッドモデルが欧州で追加発表された。最高出力292psの3リッターV6ディーゼルエンジンに、47psのモーターが組み合わされる。

2013年9月、4.4リッターSDV8ディーゼルエンジンをパワートレイン・ラインアップに追加した。キャリブレーションを最適化し、ツイン・インタークーラーや新型オイルパン、新設計の鋳造合金製エンジンマウントを用いた改良型吸気システムを採用し、最大出力339psと700Nmの圧倒的なトルクを発生。[14]

2014年11月、パワートレインの仕様変更が行われ、SDV6は306ps、700Nmに性能UP、TDV6はシングルターボ化され燃料効率を向上。オフロードのクルーズコントロールとも言える「ATPC(オールテレイン・プログレス・コントロール・システム)」を導入。[15]

2016年モデル、新グレード「HST」発表。従来比40PS増の最高出力380PSを発揮する3.0リッターV6スーパーチャージド・ガソリン・ユニットを搭載。[16]

マイナーチェンジ(後期)

2017年10年、2018年モデル発表[17]。エクステリア・インテリアを大幅変更。シグネーチャー付きLEDヘッドライトのデザイン変更などによりイメージが一新した。またV型8気筒スーパーチャージドガソリンエンジンの出力が向上された。さらにランドローバー初のプラグインハイブリッド導入を欧州で発表。最高出力300psの「インジニウム」2リッター直4ガソリンターボエンジンに、最高出力116psの駆動用モーターを組み合わせたパラレル式ハイブリッドシステム搭載モデルが追加された[18]。また欧州で新開発「インジニウム」2リッター直4ディーゼルターボエンジンを導入。[19]

2019年モデル発表。ステアリングアシストや緊急自動ブレーキなど運転支援システムを充実させた。

2019年2月、新開発「インジニウム」直列6気筒ガソリンエンジンに48Vマイルドハイブリッドを搭載する高性能グレード「HST」を欧州で発表。最大出力400ps、最大トルク56.1kgm。[20]

レンジローバースポーツSVRの登場

2014年8月、米国カリフォルニア州ペブルビーチで「レンジローバースポーツSVR」がワールドデビューした。同車はジャガーランドローバーの「スペシャル・ビークル・オペレーションズ(SVO)」部門が開発し、「SVR」という称号を冠した最初のモデルである。「史上最速のランドローバー」と銘打たれたこのモデルは、最高出力550psの5.0リッターV8スーパーチャージドが搭載され、電子制御式バルブを備えた2ステージ・アクティブ・エグゾースト・システムをランドローバーとしては初めて搭載。0-100mは4.7秒、最高速度は261 km / hを誇る。[21][22]。その後、2017年には出力575ps、トルク700Nmに向上。ライバルであるポルシェ・カイエンターボとは数値上ではほぼ同等となった。

日本での販売[編集]

2013年11月、東京モーターショー2013にて初めて日本で公開された。日本には「SE」「HSE」「Autobiography Dynamic」の3グレードが導入された[23]

2015年1月26日、2015年モデル発表[24]。アダプティブクルーズコントロールが標準装備されたほか、新たに「オールテレイン・プログレス・コントロール・システム(ATPC)」が導入された。

2015年10月1日、2016年モデル発表[25]。新グレードとして「SVR」と「HST」の2グレードが追加された。

2016年12月8日、2017年モデル発表[26]。3リッターV6ディーゼルターボエンジン搭載モデルが追加された。

2017年12月27日、限定車「レンジローバー スポーツSORIHULL」を発表[27]

2018年4月27日、2018年モデル発表[28][29]。エクステリア・インテリアを大幅変更。

2018年6月27日、プラグインハイブリッドタイプ(P400e)を発売。

2019年12月23日、2020年モデル発表[30]。3リッターV6スーパーチャージャー付きガソリンエンジンにかわり3リッター直6「インジニウム」ガソリンターボエンジンが設定された。

2016年モデル以前のグレード
グレード エンジン 排気量 最高出力 変速機 駆動方式 発売日
SE 306PS型V型6気筒DOHCスーパーチャージド 2,994cc 340ps/450Nm 8速AT 4WD 2013年11月-2016年12月
HSE
HST 2015年10月-2016年12月
Autobiography Dynamic 508PS型V型8気筒DOHCスーパーチャージド 4,999cc 510ps/625Nm 2013年11月-2016年12月
SVR 550ps/680Nm 2015年10月-2016年12月


2017年モデル以降のグレード
エンジン型式 総排気量

cc

最高出力

kW (PS)/rpm

最大トルク

Nm/rpm

グレード 製造年
3.0L TDV6 2,992 190 (258)

/3,750

600

/1,750-2,250

SE 2016年12月-
HSE 2016年12月-
HSEダイナミック 2016年12月-
P400e 1,997 297 (404)

/1,500-4,000

640

/1,500-3,500

HSE 2018年6月-
HSEダイナミック 2018年6月-
オートバイオグラフィー ダイナミック 2018年6月-
i6 2,996 294 (400) 550 SE 2019年12月-
HSE 2019年12月-
オートバイオグラフィー ダイナミック 2019年12月-
3.0L V6スーパーチャージド 2,994 250 (340)

/6,500

450

/3,500

SE 2016年12月-2019年12月
HSE 2016年12月-2019年12月
280 (380)/

6,500

450

/3,500

オートバイオグラフィー ダイナミック 2016年12月-2019年12月
5.0L V8スーパーチャージド 4,999 375 (510)

/6,500

625

/2,500-3,500

オートバイオグラフィー ダイナミック 2016年12月-2018年4月
386 (525)

/6,500

625

/2,500-3,500

2018年4月−
405 (550) 680 SVR 2016年12月-2018年4月
416 (575)

/6,500

700

/3,500-5,000

2018年4月-


参考文献[編集]

  1. ^ ランドローバー『レンジストーマー』のレスポンス”. 2013年9月10日閲覧。
  2. ^ 【ニューヨークモーターショー09】レンジローバースポーツ、力強くマイナーチェンジ” (日本語). レスポンス(Response.jp). 2019年12月3日閲覧。
  3. ^ 第1世代のレンジローバー・スポーツの生産が終了”. 2013年5月3日閲覧。
  4. ^ オンロードでも速い“泥のロールスロイス”「レンジローバースポーツ」発表”. webCG. 2011年5月20日閲覧。
  5. ^ 「レンジローバー」の呼称を変更、「レンジローバースポーツ」には新グレードを追加”. webCG. 2011年5月20日閲覧。
  6. ^ 新型ランドローバーファミリー、12月5日に発売”. webCG. 2011年5月20日閲覧。
  7. ^ ランドローバー・レンジローバー」シリーズに豪華装備のグレード追加”. 2012年7月16日閲覧。
  8. ^ 特別仕様車「レンジローバースポーツ プレミアムパッケージ」発売”. 2012年7月16日閲覧。
  9. ^ レンジローバー シリーズ2012年型…外観を刷新”. 2012年7月7日閲覧。
  10. ^ 「レンジローバースポーツ」に装備充実の特別仕様車”. 2012年7月16日閲覧。
  11. ^ レンジローバー、「イヴォーク」「スポーツ」の2013年モデル発売”. 2012年7月16日閲覧。
  12. ^ 120台限定の「レンジローバースポーツ 5.0 V8 LIMITED」発売”. 2013年5月3日閲覧。
  13. ^ 【ニューヨークショー2013】新型「レンジローバー スポーツ」がデビュー”. 2013年4月4日閲覧。
  14. ^ レンジローバー/レンジローバー・スポーツ、2014年モデルを発表…初のHVモデルもラインアップ” (日本語). レスポンス(Response.jp). 2019年12月1日閲覧。
  15. ^ Jaguar Land Rover Japan Media Centre”. pr.jlrj.jp. 2019年11月30日閲覧。
  16. ^ Jaguar Land Rover Japan Media Centre”. pr.jlrj.jp. 2019年12月1日閲覧。
  17. ^ レンジローバースポーツ に改良新型、「SVR」は575hpに” (日本語). レスポンス(Response.jp). 2019年12月2日閲覧。
  18. ^ ランドローバー初のPHEVを「レンジローバー」と「レンジローバー スポーツ」の2車種に導入 【ニュース】” (日本語). webCG. 2019年5月20日閲覧。
  19. ^ 最新自動車情報 (2019年2月19日). “ランドローバー 新型 レンジローバー スポーツ マイナーチェンジ 直列4気筒 2L ディーゼルターボ「インジニウムディーゼル」 2017年モデル発表!!” (日本語). 最新自動車情報2019. 2019年12月1日閲覧。
  20. ^ レンジローバー スポーツ に400馬力の48VマイルドHV、新開発の直6エンジン搭載” (日本語). レスポンス(Response.jp). 2019年12月1日閲覧。
  21. ^ 最強のレンジローバースポーツ、ついにデビュー”. 2014年8月22日閲覧。
  22. ^ Yeleswarapu MPH, Dhivya; Vijayaraman MPH, Dr.Gokulakannan; Kumaran MPH, Dr.Kovalan Kumaran; S. MPH, Sharmila; V, MPH, Dr.Sujatha (2013). “Knowledge and Practice of Family Planning: A Study on Rickshaw Pullers, Lucknow”. SSRN Electronic Journal. doi:10.2139/ssrn.2283816. ISSN 1556-5068. https://doi.org/10.2139/ssrn.2283816. 
  23. ^ 【東京モーターショー2013】新型「レンジローバー スポーツ」がデビュー”. 2014年2月2日閲覧。
  24. ^ レンジローバーに4人乗りの最上級グレード登場 【ニュース】” (日本語). webCG. 2019年5月20日閲覧。
  25. ^ 「レンジローバー スポーツ」に高性能モデル「SVR」登場” (日本語). webCG. 2019年5月20日閲覧。
  26. ^ 「レンジローバー/レンジローバー スポーツ」の2017年モデル受注開始 【ニュース】” (日本語). webCG. 2019年5月20日閲覧。
  27. ^ 連携性と安全性を高めた「レンジローバー スポーツ」限定発売 【ニュース】” (日本語). webCG. 2019年5月20日閲覧。
  28. ^ 「レンジローバー スポーツ」仕様変更 高性能な「SVR」は575psに” (日本語). webCG. 2019年5月20日閲覧。
  29. ^ Jaguar Land Rover Japan Media Centre”. pr.jlrj.jp. 2019年12月2日閲覧。
  30. ^ 「ランドローバー・レンジローバー スポーツ」の3リッター直6ターボモデル登場 【ニュース】” (日本語). webCG. 2019年12月24日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]