フエルテベントゥラ島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
フエルテベントゥーラ島
Sotavento Beach.jpg
ソタベントのビーチ
所在地 スペインの旗 スペイン
所在海域 大西洋
座標 北緯28度20分 西経14度01分 / 北緯28.333度 西経14.017度 / 28.333; -14.017座標: 北緯28度20分 西経14度01分 / 北緯28.333度 西経14.017度 / 28.333; -14.017
面積 1,660 km²
最高標高 807 m
フエルテベントゥーラの位置
Project.svgプロジェクト 地形
テンプレートを表示

フエルテベントゥーラ島(フエルテベントゥーラとう、Fuerteventura)は、スペインの島。カナリア諸島に属する。島の人口は74,983人(2005年)。中心地はプエルト・デル・ロサリオ。観光と漁業、農業が経済の中心である。

カナリア諸島最古の島で、2千万年前の火山噴火でできた。

歴史[編集]

最初の住民は北アフリカからやってきたとされる。紀元前11世紀には、フェニキア人が入植した。紀元前850年頃にイーリアスを書いたホメロスが、カナリア諸島をInsulae Fortunataeと書き残している。14世紀にスペイン、ポルトガルの探検家らが来訪したときには、イスラーム教徒のモーロ人が住み、ヨーロッパの奴隷商人と取引していた。

1405年、フランス人探検家ジャン・ド・ベタンクールが島を手に入れた。かつての首都ベタンクリア(en:Betancuria)は彼の名にちなんでいる。

1708年から1859年まで軍政が敷かれていた。1852年、女王イサベル2世によって島は自由貿易区域となった。

島がアフリカ大陸に近接していることから、大勢のアフリカ人密航者が、モロッコから危険を冒してやってくるのが問題となっている。

気候[編集]

年中が春のような気候である。熱いサハラ砂漠からの風が年中吹き付けている(フエルテベントゥーラは、『強い風』という意味である)。冬でも平均最高気温が21℃、平均最低気温が15℃である。年間降水量は147mmで、主に冬に降る。

島の風景

観光産業[編集]

この島の名前が「強い風」と言う意味を持つように、この気候条件は、海岸でサーフィンをするのに適している。 このお陰で、フエルテヴェントゥラはサーファーのメッカとなっており、観光産業に大きな影響を与えている。 サーファーの平均年齢が比較的低いことと、サーフィンを趣味とするには比較的経済的余裕が必要であることとが相まって、サーファーが集まる海岸地域の雰囲気が若々しく、ダイナミックなものに色付けられている。 ボード一つでの波乗り、ヨットのような帆をボードに立てるウィンドサーフィン、カイトを空に揚げて綱で操縦するカイトサーフィンの三種がよく見られる。 海岸近くには、サーフィンクラブやスクールが多くみられる。ボードやネオプレンボディスーツ、その他の装備の専門店や修理屋も数多く見つかる。サーフィンのボードを運搬するには、必ず車が必要だから、レンタカー業も繁盛する。サーファーの間では、島のどの海岸がサーフィンにどのように適しているかと言う情報交換がなされている。彼らの廉価な宿泊施設として、サーフ・ハウスが好んで利用される。個室式のホテルと違って、ドミトリー式で、数人が寝室やその他の設備を共有する。勿論、サーフ・ハウスには、専門誌が常設されており、そこには、適した海岸が、その地形などの重要な情報が全てリストアップされている。 これらの現象は、カナリア諸島が一般に欧州の裕福な国の年金生活者が越冬用に利用されている状況の中で、まるで特異ことなことである


独TML Studios社のPCゲーム「Tourist Bus Simulator」はこの島を舞台にしている。

外部リンク[編集]