フアン・ディクソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フアン・ディクソン
Juan Dixon
Juan Dixon.jpg
引退
ポジション
(現役時)
ポイントガード
背番号(現役時) 3,5,12
身長(現役時) 191cm  (6 ft 3 in)
体重(現役時) 75kg (165 lb)
基本情報
本名 Juan Dixon
ラテン文字 Juan Dixon
誕生日 1978年10月9日(36歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 メリーランド州ボルチモア
ドラフト 2002年 17位
選手経歴
2002-2005
2005-2007
2007-2008
2008-2009
ワシントン・ウィザーズ
ポートランド・トレイルブレイザーズ
トロント・ラプターズ
ワシントン・ウィザーズ

フアン・ディクソンJuan Dixon, 1978年10月9日 - )はアメリカ合衆国メリーランド州ボルチモア出身の元バスケットボール選手である。ポジションはガード。身長191cm、体重75kg。異母弟のジャメインもバスケット選手で、2010年から日本bjリーグ浜松・東三河フェニックスに在籍している。

経歴[編集]

学生時代[編集]

ボルチモアカルバート・ホール・カレッジ高校を卒業した後、メリーランド大学に4年間在籍した。2年生の頃から主力選手として出場し、2001年にはベスト4(ファイナル・フォー)に進出。翌年にはチームを優勝に導き、ファイナル・フォーの最優秀選手に選ばれた。また通算得点はレン・バイアスを抜いて大学で歴代1位の記録となった。2001年ユニバーシアードアメリカ代表として銅メダルも獲得。

NBA[編集]

ディクソンは2002年のNBAドラフトで地元のワシントン・ウィザーズから全体17位指名を受けてNBAに進出した。ルーキーイヤーとなった2002-03シーズンは、平均で15.4分出場し新人としてはまずまずの成績を残した。2年目以降はベンチから平均二桁近い得点を挙げ、2005年のカンファレンス準決勝進出に貢献した。

2005年オフに、ディクソンは制限付きFAとなりポートランド・トレイルブレイザーズと契約した。ちなみにチームメイトだったスティーブ・ブレイクもFAとなって、共にブレイザーズに移籍することになった。彼らはメリーランド大学のOBで、ブレイクはディクソンの1年後輩にあたる。そして迎えたブレイザーズでの1年目、ディクソンは46試合に先発で出場。自己最高の平均12.3得点をマークするなど、ほとんどの部門の成績で前年までを上回った。2006-07シーズンは、ブランドン・ロイマーテル・ウェブスターの控えとして、ベンチから出場している。

2007年2月21日フレッド・ジョーンズとの交換でトロント・ラプターズに移籍。翌2008-09シーズンはワシントン・ウィザーズに移籍したが、1年で退団。

外部リンク[編集]