ファブリー病

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ファブリー病(ファブリーびょう、: Fabry disease)は、ファブリ病とも呼ばれる、ライソゾーム病(指定難病19)の一つ。細胞内リソソーム(ライソゾーム)酵素の1つであるα-ガラクトシダーゼ A(α-gal A、α-Gal A)の活性が欠損・もしくは低下して生じる遺伝性の疾患で、糖脂質代謝異常病である。

概要[編集]

ファブリー病は1898年にドイツ人皮膚科医のヨハネス・ファブリー(Johannes Fabry)とイギリス人皮膚科医のウィリアム・アンダーソン(William Anderson)により別々に、「びまん性体幹皮角血管腫」として報告された[1][2]。ライソゾーム内の遺伝的水解酵素の欠損又はライソゾームの機能障害を来す遺伝子の異常により発症するので、先天代謝異常疾患の総称である「ライソゾーム病」として特定疾患に指定された(指定難病19)[3]

細胞内でα-ガラクトシダーゼ A酵素が欠損すると、体内の細胞内に不要な糖脂質「GL-3(グロボトリアオシルセラミド、セラミドトリヘキソシド; CTH)」が蓄積されるため、進行的な組織障害が起こり、多彩な臨床症状を呈する[2]

2013年5月、福岡大学熊本大学の共同研究班は、ファブリー病の有病率がおよそ7000人に1人であることが判明したと発表した。それまでは欧米での調査を基に4万人に1人とされていた[4]

分類[編集]

X染色体優性遺伝疾患。女性では発症しにくいが、ヘテロ接合体の女性はキャリアの場合と患者の場合がある。男性の場合は異常なX染色体を補う遺伝子がY染色体に存在しないため発症しやすいとされている[5]

古典型(男性)[編集]

1898年にドイツの皮膚科医であるヨハネス・ファブリーが最初に報告した古典的ファブリー病で、「ファブリー病の症状」が、ほとんど全て出現するα-ガラクトシダーゼの酵素活性はほとんどない

亜型(男性)[編集]

最近明らかになったものであり、主に心臓の筋肉に糖脂質が溜まり、心肥大、拡張型心筋心筋症となり、心不全や不整脈をおこす。心型亜型は、古典的ファブリー病と区別して、心ファブリー病と呼ばれている。他に、腎型亜型、CNS亜型もある[1]

ヘテロ接合体(女性)[編集]

男性患者と同様の重篤な症状を示す人から、ほとんど症状を示さない人まで様々だが、年齢が進むと多くの人に何らかの臓器障害臓器障害(心臓、腎臓、神経など)が出現すると言われている。痛みやかゆみはなく、小児期より出現することが多い。

症状[編集]

症状などにより古典型、亜型、ヘテロ接合体の3つに分類される[2]

腎臓[編集]

  • 腎機能障害(蛋白尿)[2]

心臓[編集]

神経[編集]

  • 聴覚低下、四肢疼痛、脳血管障害、うつ症状[2]>

[編集]

皮膚[編集]

消化器[編集]

診断[編集]

上述の、ファブリー病特有の各臓器の症状から診断する。血液か、尿中のα-ガラクトシダーゼ A(α-gal A)活性を測定し、欠損または低下が認められる。障害が予想される臓器(皮膚、腎臓、心臓など)の細胞を採取し、顕微鏡で異常のあるなしを確認。特に女性患者は、酵素活性のみでは診断できない場合がある。この場合は血液や皮膚の細胞を使って、遺伝子診断を行う[2]。後述の経口投与薬を用いる場合、遺伝子診断は必須となる。

治療[編集]

酵素補充療法(ERT)[編集]

体内で足りないα-ガラクトシダーゼ(α-GAL)を補充することで、症状の改善や病気の進行をおさえることができる。日本で承認されている遺伝子組換え製剤は2種類ある。1回体重1kgあたり0.2mgを隔週、点滴静注する。8歳から治療可能。

  • アガルシダーゼ アルファ(リプレガル)
  • アガルシダーゼ ベータ(ファブラザイム、BS

経口投与薬[編集]

スフィンゴ糖脂質の末端ガラクトースの類似体を投与することで、変異型α-Gal Aに結合、立体構造の安定性を増し、α-Gal Aのリソソームへの適切な輸送を促進し、リソソームにおけるα-Gal A活性を上昇させる薬理学的シャペロンとして作用する[6][7]。世界初の経口投与薬は、日本で2018年5月30日に発売となった。16歳以上が治療可能で、GFRの検査が必要となり、酵素補充療法中止後2週間後から服用ができ、妊娠を希望する女性に対しては、服用開始後数年は妊娠できないことを説明する必要がある[8]

  • ミガーラスタット(ガラフォルド)
  • 適応はミガーラスタットに反応性のあるGLA遺伝子変異を伴うファブリー病。採血、遺伝子検査[9]を行い、「ガラフォルドに反応性のあるGLA変異一覧表」[10]に掲載されたGLA変異が対象となる
  • 販売名は、α-Gal酵素の折りたたみ(fold)構造を矯正するというメカニズムに由来[11]
  • 隔日投与で、1回投与量の薬価は142,662.1円。
  • 日本法人が2016年11月に設立したAmicus Therapeutics英語版社にとって第1号製品でもある[12]

対症療法[編集]

症状を緩和させる[1]

  • 疼痛 - ジフェニルビダントイン(フェニトイン)、カルバマゼピン
  • 伝導障害 - 抗不整脈薬
  • 腎障害 - ACE(アンジオテンシン変換酵素)阻害薬、ARB(アンジオテンシンll受容体拮抗薬)
  • 末期腎不全 - 腎移植、血液透析

消化器症状、中枢神経症状に対して、症状にあわせて薬物療法が行われる。

脚注[編集]

  1. ^ a b c ファブリー(Fabry)病KOMPAS(慶応義塾大学病院)
  2. ^ a b c d e f g h i j ファブリー病 順天堂大学医学部付属順天堂医院 腎・高血圧内科
  3. ^ ライソゾーム病(指定難病19)難病情報センター
  4. ^ ファブリー病 7000人に1人 定説の「4万人」大幅超え(西日本新聞)
  5. ^ ファブリー病ひろば 大日本住友製薬
  6. ^ ファブリー病治療剤「ガラフォルドⓇカプセル123mg」の日本国内における製造販売承認取得について”. PR RIMES (2018年3月23日). 2018年12月5日閲覧。
  7. ^ 日本初、ファブリー病の経口治療剤”. 日経メディカル (2018年6月8日). 2018年12月5日閲覧。
  8. ^ 世界初のファブリー病経口治療薬が登場。”. CareNet (2018年7月27日). 2018年12月5日閲覧。
  9. ^ 精密検査施設一覧 - 日本先天代謝異常学会
  10. ^ GALAFOLD GLA Mutation Search - Amicus Therapeutics
  11. ^ ガラフォルド カプセル123mg インタビューフォーム 2018年5月作成(第2版)
  12. ^ 【新製品】日本初の経口ファブリー病薬、日本市場に第1号製品投入‐約10人のMRで情報提供 アミカス・セラピューティクス日本法人”. 薬事日報 (2018年6月1日). 2018年12月5日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]