血管腫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

血管腫(けっかんしゅ、angioma,hemangioma)とは、何らかの原因で血管が異常拡張したり、異常増殖することによって起こる血管の異常である。皮膚表面付近にできた場合は母斑の1腫とされる場合もある。なお、血管「腫」という名称ながら、疾患概念が整理され、単純性血管腫・海綿状血管腫などはISSVA分類により、腫瘍ではなく血管奇形とされた。つまり、腫瘍ではない。

分類[編集]

  • 単純性血管腫(ポートワイン母斑)→毛細血管奇形
  • 苺状血管腫(乳児血管腫)
  • 先天性血管腫(NICH、RICH)
  • Kasabach-Meritt症候群
  • 海綿状血管腫→静脈奇形
  • 静脈湖(老人性血管腫の一種)
  • 正中部母斑、Unna母斑(単純性血管腫の一種)
  • サーモンパッチ(単純性血管腫の一種)
  • 老人性血管腫(さくらんぼ色血管腫)

皮膚以外での血管腫[編集]

  • 肝臓血管腫
  • 食道血管腫; pyogenic granuloma

関連項目[編集]

外部リンク[編集]