ファイアトーチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ファイアトーチ[1](fire torch)とは、火のついた棒を持ち、団体で行うパフォーマンスファイヤートーチ[2][3]トーチトワリング[4][5](torch twirling)、火舞い[6]火の舞[7]ファイヤーダンス[8][9](fire dance)などとも呼ばれる。

総説[編集]

名古屋テレビ放送情報番組ドデスカ!』が実情を取材し、2016年9月14日に放送した[4]。愛知キャンプカウンセラー協会によると、1960年代蒲郡市キャンプ場キャンプファイヤーを実施した際、ある教諭愛知県内発祥の手筒花火への点火時のパフォーマンスに着想を得て×の字に振り回してから着火したことが始まりで、その後、新体操のこん棒やポリネシアンのファイヤーダンスなどの要素を取り入れながら、1970年代後半から多くの学校に広まったという[4]名古屋市立の小学校中学校のうち40校を調べたところ、小学校の半数、中学校のすべてでおこなわれていた[4]。他方、岐阜市の小学校・中学校40校、津市の小学校・中学校40校を調査した結果、野外学習で実施する学校は皆無であった[4]。なお、火の使用は危険であることからケミカルライトを採用する小学校が増えているという[4]

名古屋市では、市立中学校2年生が野外学習で取り組む伝統行事となっている[10]名古屋経済大学市邨中学校・高等学校[11]愛知県立旭丘高等学校愛知県立大学愛知教育大学[12]などでは、クラブ活動で取り組む例がある。

2019年7月26日名古屋市立守山東中学校校庭で2年生十数人が練習中、男子生徒の衣服に火が燃え移り、右腕の手首からにかけて重い熱傷を負う事故が発生した[1][10]。これを受け、名古屋市の教育委員会は「現状では安全が確保できない」として、2019年8月13日付で今年度のトーチトワリングの禁止を通知した[13]

[編集]

大車輪
トーチを体の前方で横向きに大きく回したあと、体の後方で横向きに小さく回す。
風車
トーチを体の前方上部で(顔面を軸に)横向きに小さく回したあと、体の後方で横向きに小さくまわす。
眼鏡
両腕を左右に広げ手を軸に腕の前後で横回しをする。
八の字
トーチを前方にいる観客から見て∞(倒れた八の字)に見えるように回す。そろえる場合とずらす場合がある(ずらす場合は追いかけっこ)
十六の字
ずらした八の字の応用技。側面の逆側の腕から回すことで一回転多くまわる。(通常のずらした八の字は側面と同じ側の腕から回す)
弥七
両手とトーチ棒を揃えて体に添って回し、頭の上で同時に回す技。上記の大車輪を両手揃えてするイメージ。二つのトーチ棒の平行を保つのは極めて難しい。
弥七ずらし
上記の大車輪とほぼ同じものである。この時、両手のなす角が180°であると美しい。
トライアングル
上記の弥七の同様の回転を左右、頭上の三方向でやる技。こちらも極めて難しい。
トライアングルずらし
上記の弥七ずらしを三方向で行う。こちらも角度に注意。
時計
観客から見て3時の針の形になるよう手を構えた後、時計の3、4と5の間、7と8の間、9、12の方向で一回ずつ回す技。
たこ(凧)
両手を開くように出し、足の上でクロスした後、上に上げて体の後ろで両手同時に上45°で一回、下45°で二回回す。

実施方法[編集]

ファイアトーチの制作[編集]

一例として、木や金属の棒の先端にタオルを巻きつけ灯油を染み込ませたものがある。木を使う場合は木の乾燥に注意し、あらかじめなどに一晩ほど漬けたほうが良い。

先端にタオルを巻きつける際には、あらかじめ、先端に釘のようなものを打っておくと引っかかって飛んで行かない。

その他事前準備[編集]

大抵の場合、キャンプファイアと同様に場所の使用許可と消防への火気使用の届出が必要である。

事後処理[編集]

使い終わったファイアトーチは水をはったバケツなどで一晩ほど放置しその後分別し廃棄する。あまった灯油についてはガソリンスタンドが回収している場合があるので電話で確認すると良い。

注意点・危険性[編集]

火災の危険性があるので、灯油などの燃料と火の管理に注意する。火をつけないで十分に練習してから、火をつけたリハーサル・本番を行う。

脚注[編集]

  1. ^ a b 火が中2生徒に燃え移る…学校で野外学習の“ファイアトーチ”練習中に腕ヤケド 学校側「罰当たった」”. ニュースOne. 東海テレビ (2019年8月9日). 2019年8月11日閲覧。
  2. ^ 1・2年林間学校 ファイヤートーチ練習”. 南知多町立師崎中学校 (2019年7月23日). 2019年8月11日閲覧。
  3. ^ 花火?・・・いえ、ファイヤートーチ”. あま市立美和小学校 (2018年6月6日). 2019年8月11日閲覧。
  4. ^ a b c d e f 全力リサーチ「トーチトワリングは愛知だけ?」”. ドデスカ!. 名古屋テレビ放送 (2016年9月14日). 2019年8月11日閲覧。
  5. ^ 愛知県の子どもたちは火の棒を回す!? じわじわくる「名古屋あるある」3選”. CUCURU. CBCテレビ (2017年7月25日). 2019年8月11日閲覧。
  6. ^ 火舞いリハーサル”. 岡崎市立大樹寺小学校 (2018年9月14日). 2019年8月11日閲覧。
  7. ^ 火の舞リハーサル”. 愛知県高浜市立高浜小学校 BLOG (2012年7月10日). 2019年8月11日閲覧。
  8. ^ 平成25年度 野外学習 7/30~8/1 新城市作手 大府市野外教育センター”. 大府市立吉田小学校. 2019年8月11日閲覧。
  9. ^ 羽黒小学校 第5学年 学年通信 No. 4 平成23年6月30日”. 犬山市立羽黒小学校 (2011年6月30日). 2019年8月11日閲覧。
  10. ^ a b 「トーチトワリング」練習中、名古屋の市立中2男子が大やけど”. 毎日新聞. 毎日新聞社 (2019年8月9日). 2019年8月11日閲覧。
  11. ^ トーチトワリング部”. 名古屋経済大学市邨中学校・高等学校. 2019年8月11日閲覧。
  12. ^ レクリエーションクラブ”. 愛知教育大学. 2019年8月11日閲覧。
  13. ^ 中2生徒のヤケドうけ…火がついた棒振り回す演舞『トーチトワリング』 市教委が今年度の禁止を通知”. ニュースOne. 東海テレビ (2019年8月17日). 2019年8月18日閲覧。
[ヘルプ]

関連項目[編集]