ビルクリーニング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ビルクリーニング(英:Building Cleaning)は、不特定多数の利用者が利用する建築物を対象とする清掃のこと。ビル清掃建築物清掃とも。

目的[編集]

建築物利用者のために衛生環境の整備を行うほか、建築物の美観の維持を主目的とする。

対象[編集]

オフィスビルのほか、病院ショッピングセンターデパートスーパー量販店図書館美術館博物館映画館学校コンビニエンスストアなども対象としている。

根拠法令[編集]

作業方法[編集]

場所、建材、汚れなどの違いに対し、清掃法、洗剤清掃用具を適切に選択して清掃作業を行うほか、廃棄物の回収も行う。

場所・対象[編集]

玄関廊下風除室喫煙所湯沸室事務室エレベーターホール階段トイレ駐車場外壁廃棄物処理室エレベーターエスカレーターフロアマット什器備品など

建材[編集]

硬質床・弾性床・御影石大理石テラゾー磁器タイル塩化ビニルゴムリノリウムガラスウールナイロンポリプロピレンステンレスアルミ真鍮など

汚れ[編集]

土砂ホコリ手垢油脂尿石ヒールマークスカッフマーク・水溶性・油溶性など

清掃法[編集]

乾拭き水拭きしめり拭き擦り拭き洗剤拭き仕上げ拭き拾い掃き廻し洗いなど

清掃用具[編集]

洗剤中性アルカリ性酸性)・剥離剤ワックスタオルワイピングクロスちり取りホウキ自在ぼうきモップダストモップパテナイフデッキブラシスクイジーポリッシャー自動床洗浄機真空掃除機エクストラクター送風機など

最近では、清掃作業のほか、抗菌剤熱反射材防錆剤のコーティングも行っている事業者もいる。

清掃回数[編集]

基本的には「日常清掃」(「巡回清掃」を含む)であるが、日常清掃では行わない箇所(例:手の届かない箇所)を一定期間で清掃する「定期清掃」、臨時の「特別清掃」が行われる。

参考文献[編集]

論文・記事
雑誌
書籍
  • 『新装版 実用ビルクリーニング トイレ作業編』(クリーンシステム科学研究所、1999年)
  • 『ビルクリーニング関係法令集』(建築物管理訓練センター、2003年)
  • 『改訂版 基本ビルクリーニング教本 - BCリーダー必携ブック』(金山英二著、クリーンシステム科学研究所、2004年)
  • 『新版・清掃作業従事者研修用テキスト』1,2(全国ビルメンテナンス協会、2005年)
  • 『ビルクリーニング作業計画実践教室 - 作業計画の一から十までわかる学習書』(全国ビルメンテナンス協会、2006年)
  • 『目で見る ビルクリーニングの基礎』1-4(岸正金田日出男監修、クリーンシステム科学研究所、2007年)
  • 『新版 ビルクリーニング科実技テキスト』(建築物管理訓練センター、2010年)
  • 『ビルクリーニングマネージャー - 清掃管理業務上のポイント』(関西環境開発センター、2011年)

関連資格[編集]

関連技能競技会[編集]

関連団体[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]