ビジ語 (中国)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ビジ語
北土家語
བྲེད་སྷ་ Bredsxa
発音 IPA: /bidʒisa/
話される国 中国
地域 主に湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州及び隣接地区
話者数 10万以上(2011年)
言語系統
公的地位
公用語 なし
統制機関 なし
言語コード
ISO 639-1 なし
ISO 639-2 sit
ISO 639-3 tji
消滅危険度評価
Severely endangered (UNESCO)
Status-unesco-severely.svg
テンプレートを表示

ビジ語(ビジ語:བྲེད་སྷ་ Bredsxa 中国語:北土家語)は、チベット・ビルマ語派(チベット・ミャンマー語派)に属する屈折語の特性を持つ膠着語である。200年前まではほとんどのトゥチャ族(自称:བྲེད་མ(ブリ人)/བྲེད་ལིགས(ブリ族)/བྲེད་ཁབ(ブリ領地)など, 八百万以上の人口を持ち、中国での8番目多い民族である。)の母語であったが、現在は9割以上のトゥチャ人が全く話せない状態になった。研究者楊再彪(英語から訳)2011年の調査によると、ビジ語は今34個のタウンの200ほどの行政村の500以上の村落で使われている。UNESCOに危機に瀕する言語と識別されている。

方言[編集]

ビジ語はいくつかの方言がある。

音声[編集]

ビジ語の音声は方言により、差が大きい。

母音[編集]

  • ラシドン方言は最も簡単化され、口母音は5つ、鼻母音3つある:

i,e,u,o,ɑ,ĩ,ẽ,ɑ̃

  • ポジ方言は口母音7つ、活用だけに現れる母音2つ、鼻母音4つ:

i,e,a,ɨ,u,ɤ,o,(ɪ,ʊ),ɐ̃,ĩ,ɘ̃,õ[1]

  • 仙仁方言は口母音9つ、鼻母音7つ:

i,e,ɛ,ɯ,ə,a,u,o,ɔ,ĩ,ẽ,ɛ̃,ə̃,ã,ũ,õ

  • 小ルンゼ方言は口母音7つ、鼻母音2つ:

i,e,a,ɯ,ə,u,o,ẽ,ã

  • ツビ方言は口母音12個、鼻母音5つ:

i,e,ɛ,y,ø,œ,ɨ,ə,a,u,o,ɔ,õ,ə̃,ɛ̃,ʌ̃,ɑ̃

二重、三重母音[編集]

  • ラシドン方言は12個ある。

ei,əu,ɑi,ɑu,ie,iɑ,iəu,iɑu,uei,uɑi,iɑ̃,uɑ̃

  • ポジ方言は12個ある:

ai,ao,ia,iao,eu,ua,uai,ui,ɨi,ɤu,iɐ̃,uɐ̃

  • 仙仁方言は14個ある:

ie,iɛ,iə,ia,iɔ,ei,əu,ui,uɛ,ua,iɛ̃,iã,uɛ̃,uã

  • 小ルンゼ方言は17個ある:

ie,ia,iə,iu,io,ei,ai,au,ɯe,əu,ui,ue,ua,uə,uo,iau,iəu

  • ツビ方言は二重母音がない。

子音[編集]

  • ラシドン方言は18個ある:m,pʰ,p,n,tʰ,t,s,tsʰ,ts,ɲ,ɕ,ʑ,tɕʰ,tɕ,ŋ,kʰ,k,x。
  • ポジ方言は23個ある:m,pʰ,p,ɸ,β,n,tʰ,t,s,z,tsʰ,ts,l,ɲ,ɕ,j,tɕʰ,tɕ,ŋ,kʰ,k,x,ɣ。
  • 仙仁方言は22個ある:m,p,b,w,n,t,d,s,z,ts,dz,l,ɲ,ɕ,ʑ,tɕ,dʑ,ŋ,k,ɡ,x,ʁ。
  • 小ルンゼ方言は27個ある:m,pʰ,p,b,w,n,tʰ,t,d,s,z,tsʰ,ts,dz,l,ɲ,ɕ,j,tɕʰ,tɕ,dʑ,ŋ,kʰ,k,ɡ,x,ɣ
  • ツビ方言は34個ある:m,pʰ,p,b,ɸ,β,n,tʰ,t,d,s,z,tsʰ,ts,dz,l,ʃ,ʒ,tʃʰ,tʃ,dʒ,ɲ,ɕ,ʑ,tɕʰ,tɕ,dʑ,ŋ,kʰ,k,ɡ,x,ɣ,ʁ。

ポジ方言の音素[x]は、[a, e, o]などの前では無声軟口蓋摩擦音[x]である(無声声門摩擦音[h]の場合もある)が、[i]などの前では無声硬口蓋摩擦音[ç]、[u]などの前では[xɸ]となる。[2]

二重子音語頭と子音語尾[編集]

  • ラシドン方言は二重子音語頭なく、子音語尾はnとŋ2つある。
  • ポジ方言はmb,nd,ndz,ɲdʑ,ŋɡ5つの二重子音語頭あり、子音語尾はz1つある。
  • 仙仁方言はmb,nd,ndz,ndʐ,ɲdʑ,ŋɡ,mɹ,pɹ,bɹ,ŋɹ,kɹ,ɡɹ,xɹ,ʁɹの14個二重子音語頭あり、子音語尾はɹ1つある。
  • 小ルンゼ方言は二重子音語頭なく、子音語尾はɹ,nとŋ3つある。
  • ツビ方言は摩擦音+主要子音のような二重子音語頭と、摩擦音の語尾がある。

声調とアクセント[編集]

中国語の影響により、ビジ語は声調が現れ始めた。しかし、声調と言うよりアクセントの特徴が強い、高低アクセントに近いものである。自立語は習慣的な声調を持っているが、意味区分の役割を果たす場合は少ない。付属語は習慣的声調を持っていなく、前の言葉或いは文全体でアクセントを決める。複合語を作る時も、日本語に近いアクセントとなり、一つの語の中に何回も上げ下げはしない。中国語などの完全な声調言語のような曲折の声調は生じない。

語彙[編集]

ビジ語は開音節が優勢の言語である。[3]話言葉では鼻母音はよく鼻音化する母音になり、母音として終わる一方、摩擦音や破擦音の後ろにつくiとuを消すことが頻繁なため、逆に閉音節が増える。

ブリ語の名詞・代名詞は単数・複数があり、疑問代名詞も珍しく単数・複数の形を持っている。敬意を表す時、人称の複数を使う。指示語は一般にn/k系の近称・h系の中称・a系の遠称・ch/g/kh系の不定称からなる。

現代の語彙の多くは中国語からもらった。キリスト教の宣教師との交流があったため、少し英語フランス語の語彙も入っている。

文法[編集]

ビジ語はSOV型の膠着語であるが、屈折語の特徴も強い(例えば、例文の「持っていく」という動詞「atani」、その「ani」は同時に未来時制、遠心方向、直説法を表している)。
形容詞は級、時などを持ち、動詞はなどを持つうえ、副詞は極めく少ない。それらの活用はほぼ接尾辞で表すが、接頭辞接合辞貫通接辞もある。
名詞の格は一般的に助詞で表すが、偶には屈折的な変化が行う(例:家tso‐家に/家でtsu;又は 山khu‐山に/山でkankhuなど)。代名詞の格は屈折である。
例文:
ŋa petɕĩ kʰu aena ako ɲe poɲi po ɕipa ʑe    lapʰi atani.(ラシドン方言)
ŋa petɕĩ kʰu aɣela ako ɲie poli po sɿpa ze (na) lapʰi ata:li. (ポジ方言)
ŋa bɛdʑĩ kʰu aʁəla xodili ɛ akʰɛ o ɕiba laxo napʰi dzadzɔ. (仙仁方言)
ŋa pɛtɕʌ̃ kʰu kəʀəla aɡo ɲe bɛ bo ʃipa dzə   la(pʰi) kataɣtʰi. (ツビ方言)
私が 北京 で 学習している 友 の 子供 に 服 美しい (を) 一着 持っていく。
上の文のように、日本語とよく似た骨格が見られるが、形容詞の位置は少し異なる(「ze」の位置)。ビジ語の形容詞は常に名詞の後置されるが、前置することもできる。[4]

表記[編集]

ビジ語はもともと文字を持たず、土司時代は漢字で発音を表記するものを使っていた。清の軍事的脅迫又は侵略により、改土帰流された後、だんだん使い辞めた。 1980年代、中国政府の指示で学者によりローマ字を使う新しいビジ語の表記法を開発したが、30年経っても全然広がっていない。その代わりに、若いブリ族の青年が漢字、チベット文字、仮名、ハングルなど様々な文字を模範として、いろんな書きシステムを発明したが、実はブリ諸語自身の危機のため、使える人数は極めく少ない。[5]

脚注[編集]

  1. ^ 田徳生、『民族語文』、1982年4月。
  2. ^ 蔵緬語編写組、『蔵緬語語音和語彙』、中国社会科学出版社、1991年1月。
  3. ^ 蔵緬語編写組、『蔵緬語語音和語彙』、中国社会科学出版社、1991年1月。
  4. ^ 蔵緬語編写組、『蔵緬語語音和語彙』、中国社会科学出版社、1991年1月。
  5. ^ 新しい文字表記のビジ語による日本語歌のカバーバーション