貫通接辞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

貫通接辞(かんつうせつじ)とは、接辞の一種であり、の中の複数の場所に割り込んで派生語を作り、語の意味を補ったり、変えたりする形態素をいう。典型的なものとしては、セム語派アラビア語等)の子音からなる語根の間にはさまれる(または接頭・接尾する)ものがある。

以下にマルタ語動詞 ktb[1](書く)と ksr[2](キスする)の完結活用を示す。

人称 貫通接辞 語幹
ktb ksr
単数 1 - --i-t ktibt ksirt
2 - --i-t ktibt ksirt
3 男性 -i-e- kiteb kiser
女性 -i--et kitbet kisret
複数 1 - --i-na ktibna ksirna
2 - --i-tu ktibtu ksirtu
3 - -i--u kitbu kisru

参考文献[編集]

  1. ^ Falzon, Grazio, Basic Maltese Grammar, http://www.aboutmalta.com/grazio/maltesegrammar.html 2008年2月28日閲覧。 
  2. ^ Hoberman, Robert D.; Aronoff, Mark (2002), “The verbal morphology of Maltese: From Semitic to Romance”, Formal and Functional Linguistics Summer School 2002, http://www.phil-fak.uni-duesseldorf.de/summerschool2002/Hoberman.pdf 2008年2月28日閲覧。