ヒュンダイ・グレース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
三菱・デリカ > ヒュンダイ・グレース

グレースGrace 、輸出名H-100 )とは、現代自動車(ヒュンダイ)が1986年から2003年まで韓国で販売していたキャブオーバー型バン/ワゴン。ベースは3代目三菱・デリカ。また、ポーターはグレースのトラック版に相当する。

歴史[編集]

中期型 グレース

1986年に登場。エクステリアデザインは3代目のデリカとほぼ変わらないものであったが、韓国国内の法規[1]の関係もあり4列シート/12人乗りモデルも用意されていた。発売開始当初にはマニュアルトランスミッションしか用意されていなかったが、1990年代に入ってからオートマチックトランスミッション仕様のグレースも追加された。

1993年にはフェイスリフトが施され、外装デザインが一新された。このフェイスリフトを機に韓国国内では通称「ニュー・グレース」と呼ばれるようになる。更にはワゴン/バンともにロングボディモデルも追加された。1995年7月1日からはオプションとしてディーゼルターボエンジンが設定されるようになった。

1996年には外装デザインの一部変更(フロントバンパー/ヘッドライト/リアテールランプの意匠変更等)が施された。

その後も小変更を繰り返され、スタレックスに吸収統合される形で2003年に生産を終了。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 道路交通法で第一種普通免許は乗車定員16名以下(2000年1月1日から15名以下)まで運転可能のため。

外部リンク[編集]