パリで一緒に

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
パリで一緒に
Paris When It Sizzles
監督 リチャード・クワイン
脚本 ジョージ・アクセルロッド
原作 ジュリアン・デュヴィヴィエ
アンリ・ジャンソン
製作 リチャード・クワイン
ジョージ・アクセルロッド
出演者 オードリー・ヘプバーン
ウィリアム・ホールデン
音楽 ネルソン・リドル
撮影 チャールズ・ラング・Jr
配給 パラマウント映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1964年4月8日
日本の旗 1964年5月30日
上映時間 110分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $4,000,000(見積値)[1]
テンプレートを表示

パリで一緒に』(パリでいっしょに、原題: Paris When It Sizzles)は、1964年アメリカ合衆国の映画で、ロマンティック・コメディ。『麗しのサブリナ』で共演したオードリー・ヘプバーンとウィリアム・ホールデンが再び共演した作品。

ジュリアン・デュヴィヴィエ監督の1952年フランスの映画アンリエットの巴里祭』(原題: La Fête à Henriette)のリメイクである。

あらすじ[編集]

著名な脚本家であるリチャード・ベンソンは、プロデューサーのアレギザンダー・マイヤハイムからの依頼を受け、映画『エッフェル塔を盗んだ娘』の脚本に取り組んでいる。とはいえ、決まっているのはタイトルだけで、パリのホテルに滞在しながら遊び呆ける毎日。

締切まであと2日となったある日、若き美人タイピストのガブリエル・シンプソンがホテルの部屋にやってくる。ガブリエルは脚本が1ページもできていないことに驚きあきれるが、彼女の刺激を得ながら、リチャードはようやく脚本の執筆にとりかかる。彼はガブリエルをモデルにして“ギャビー”(ガブリエルの親称)というキャラクターを立ち上げ、自分をモデルにした嘘つきで泥棒の“リック”(リチャードの親称)との、巴里祭を舞台にしたラブ・ストーリーを描き始めるが……。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
東京12ch フジテレビ
ガブリエル・シンプソン/ギャビー オードリー・ヘプバーン 池田昌子
リチャード・ベンソン/リック ウィリアム・ホールデン 家弓家正 羽佐間道夫
アレックス・マイヤハイム ノエル・カワード 早野寿郎
ジレー警視 グレゴワール・アスラン 吉沢久嘉
フィリップ トニー・カーティス[2] 広川太一郎 安原義人

その他[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Paris - When It Sizzles (1964) - Box office / business” (英語). IMDb. 2011年5月18日閲覧。
  2. ^ クレジットなしだが出演場面は多く、劇中劇で「おまえなんか警官Cで小さくクレジットされるだけだ」などと頻繁に揶揄されている。
  3. ^ 再放送1976年5月14日『ゴールデン洋画劇場
  4. ^ オードリー・ヘプバーン追悼企画として放送。
  5. ^ 「パリで一緒に」映画パンフレット: 解説ページ. (1964年初公開時および1972年リバイバル時). 
  6. ^ シネアルバム5『オードリー・ヘプバーン きらめく真珠のように 夢みる白鳥のように』p111. 芳賀書店. (1971年12月20日初版発行). 

外部リンク[編集]