バーリ (競走馬)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
バーリ
欧字表記 Bahri
品種 サラブレッド
性別
毛色 黒鹿毛
生誕 1992年2月7日
Riverman
Wasnah
母の父 Nijinsky II
生国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ケンタッキー州
生産 シャドウェルファーム
馬主 ハムダーン・ビン・ラーシド・アール・マクトゥーム
調教師 ジョン・ダンロップ(イギリス)
競走成績
生涯成績 12戦3勝
獲得賞金 47万5839ポンド
テンプレートを表示

バーリ (Bahri) は、アメリカ合衆国で生産された競走馬および種牡馬である。

経歴[編集]

競走馬時代[編集]

1994年(2歳時)、競走馬デビュー戦は2着で、その後も2戦2着が続き4戦目で初勝利を挙げた。

1995年(3歳時)、休養を終えての復帰戦は重賞競走初挑戦となったグリーナムステークスに出走したがセルティックスウィングに敗れての2着、G1競走初挑戦となった2000ギニーペニカンプに敗れて3着、アイリッシュ2000ギニースペクトラムに敗れて3着となるなど好走するが勝利はできなかったものの、約2ヵ月後の7月にセントジェームズパレスステークスに出走して勝利し重賞及びG1競走初勝利を挙げた。続くサセックスステークスサイエダティにクビ差で敗れて2着、インターナショナルステークスホーリングに敗れて2着とG1競走で2着が続いたが、クイーンエリザベス2世ステークスではリッジウッドパールを相手に6馬身差をつけて大勝しG1競走2勝目を挙げた。しかし次のチャンピオンステークスではスペクトラムに再び敗れて5着となり、この競走を最後に競走馬を引退した。

種牡馬時代[編集]

1996年より生まれ故郷でもあるアメリカ合衆国に戻りシャドウェルファームで繋養されていた。2004年よりアイルランドに渡り、デリンズタウンスタッドで繋養されている。

種牡馬としては初年度産駒からサキーを出し、サキーはすでに種牡馬入りしており後継種牡馬を残す事に成功している。

日本には競走馬としての産駒が数頭輸入され中央競馬で勝利しているが目立った成績を残した馬はいない。しかし母の父としてはライラックレーンの仔であるフィフスペトルが重賞競走を制している。

エピソード[編集]

クイーンエリザベス2世ステークスでは一頭だけ馬場が荒れていない外ラチに向かって走り、最終コーナーになってから内側に向かって切り込んで快勝している。名牝リッジウッドパールを破る大金星であった。

主な産駒[編集]

血統表[編集]

バーリ血統リヴァーマン系 / Nasrullah 3×5=15.63%、Nearco 4×5=9.38%、Djebel 5×5=6.25% (血統表の出典)

Riverman
1969 鹿毛
父の父
Never Bend
1960 鹿毛
Nasrullah Nearco
Mumtaz Begum
Lalun Djeddah
Be Faithful
父の母
River Lady
1963 鹿毛
Prince John Princequillo
Not Afraid
Nice Lily Roman
Azalea

Wasnah
1987 鹿毛
Nijinsky II
1967 鹿毛
Northern Dancer Nearctic
Natalma
Flaming Page Bull Page
Flaring Top
母の母
Highest Trump
1972 鹿毛
Bold Bidder Bold Ruler
High Bid
Dear April My Babu
Querida F-No.13-c


外部リンク[編集]

先代:
イギリスの旗グランドロッジ
St.ジェームズパレスS勝ち馬
1995年
次代:
イギリスの旗ビジューダンド
先代:
イギリスの旗マルーフ
クイーンエリザベス2世S勝ち馬
1995年
次代:
アラブ首長国連邦の旗マークオブエスティーム