バラコヴォ原子力発電所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
バラコヴォ原子力発電所
バラコヴォ原子力発電所
バラコヴォ原子力発電所の位置(ロシア内)
バラコヴォ原子力発電所
ロシアにおけるバラコヴォ原子力発電所の位置
ロシア
座標 北緯52度5分28秒 東経47度57分19秒 / 北緯52.09111度 東経47.95528度 / 52.09111; 47.95528 (バラコヴォ原子力発電所)座標: 北緯52度5分28秒 東経47度57分19秒 / 北緯52.09111度 東経47.95528度 / 52.09111; 47.95528 (バラコヴォ原子力発電所)
現況 運転中
着工 1980年12月1日
運転開始 1986年5月23日
運営者 ロスエネルゴアトム
原子炉
運転中 4 x 1,000 MW
建設中 1 x 1,000 MW
発電量
平均発電量 29,062 GWh
正味年間発電量 387,580 GWh
July 22, 2007年7月22日現在
テンプレートを表示

バラコヴォ原子力発電所(ロシア語: Балаковская АЭС )はモスクワの南東900kmのロシア連邦サラトフ州バラコヴォ英語版に存在する原子力発電所。4基の原子炉が利用されており、5基目が建設中である。原子力発電所の所有・運用はロスエネルゴアトムである。

バラコヴォ原発はロシアと欧州の原子力発電所の姉妹計画に参加しており、1990年にドイツのビブリス原発英語版とパートナーシップを結んでいる[1]

1985年6月27日、1号機の立ち上げ時にヒューマンエラー(後に未熟と軽率が原因とされた)で圧力逃し弁英語版が意図せず開き、300度の蒸気が職員の作業区域に入り14人がなくなっている[2]。この事故はチェルノブイリ事故以前のものとして知られる。

原子炉[編集]

バラコヴォ原発では4基の原子炉が運用されている

原子炉[3] 形式 正味発電量 総発電量 建設開始 送電開始 商業運用 運用終了
1号機 (Balakovo-1) WWER-1000/320 950 MW 1.000 MW 1980年12月1日 1985年12月28日 1986年5月23日 -
2号機 (Balakovo-2) WWER-1000/320 950 MW 1.000 MW 1981年8月1日 1987年10月8日 1988年12月1日 -
3号機 (Balakovo-3) WWER-1000/320 950 MW 1.000 MW 1982年11月1日 1988年12月25日 1989年4月8日 -
4号機 (Balakovo-4) WWER-1000/320 950 MW 1.000 MW 1984年4月1日 1993年5月12日 1993年12月22日 -
5号機 (Balakovo-5) WWER-1000/320 950 MW 1.000 MW - - - 2008年に建設再中断
6号機 (Balakovo-6) WWER-1000/320 950 MW 1.000 MW - - - 1993年に建設中止
バラコヴォ原子力発電所
内部の様子 
スチームタービンの修理 
建設中の原子炉 
空からの眺め 
配電所 
運転室 
蒸気発生器の輸送 
建設中の5号機 

関連項目[編集]

[編集]

  1. ^ Kraftwerk Biblis: WANO-Partnerschaft mit Balakovo jährt sich zum 20. Mal” (ドイツ語). RWE (2010年9月29日). 2010年10月18日閲覧。
  2. ^ http://www.nuclearfiles.org/menu/key-issues/nuclear-weapons/issues/accidents/accidents-1980's-05.htm
  3. ^ Power Reactor Information System of the IAEA: „Russian Federation: Nuclear Power Reactors“

外部リンク[編集]