レニングラード原子力発電所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
レニングラード原子力発電所
レニングラード発電所、隣に第二発電所が建設中である。
レニングラード原子力発電所の位置
レニングラード州内の位置
ロシア
所在地 レニングラード州ソスノヴイ・ボール
座標 北緯59度50分50秒 東経29度02分37秒 / 北緯59.84722度 東経29.04361度 / 59.84722; 29.04361 (レニングラード原子力発電所)座標: 北緯59度50分50秒 東経29度02分37秒 / 北緯59.84722度 東経29.04361度 / 59.84722; 29.04361 (レニングラード原子力発電所)
現況 運用中
着工 1970年3月1日
運転開始 1974年11月1日
運転終了 2018年 (計画)
事業主体 ロスエネルゴアトム
原子炉
運転中 4 x 1,000 MW
種類 RBMK-1000
原子炉製造元 アトムストロイエクスポルト
発電量
定格出力 4,000 MW
平均発電量 21,208 GWh
正味年間発電量 655,180 GWh
2010年11月7日現在
テンプレートを表示

レニングラード原子力発電所(ロシア語: Ленинградская атомная электростанция; Ленинградская АЭС)はロシア北西部レニングラード州フィンランド湾沿いのソスノヴイ・ボールに存在する原子力発電所サンクトペテルブルクから西に70kmの位置に存在する。チェルノブイリ原発と同型の4基のRBMK-1000が設置されており、老朽化の進む原発に代えて近隣にレニングラード第二原子力発電所が建設中である。

問題[編集]

レニングラード原発は隣国であるフィンランドの当局に環境の安全を脅かすすべての出来事の報告に合意した。他の問題で報告を求められたとき発電所は否定的に答え、彼らは毎日多くの問題があり、問題報告を満たすために時間が無駄になると明言した[1]

事故[編集]

1975年、1号機で部分的な炉心融解が発生し、1.5メガキュリーの放射線が放出された[2]

1992年、放射性のガスと要素を破裂した燃料管から空気中に放出した。これは最初に報道されたレニングラード原発の事故であった[3]

2005年12月、この発電所の金属くずを再処理する民間企業が非核金属精錬を行っていたところ予定を超えて加熱され、広い範囲に溶融金属を噴出し火災の原因となった。爆発で3人が亡くなり、2人が体の90%近くをやけどした[4]

2009年8月27日、3号機がポンプの吐出ヘッダーに穴が見つかったため停止した[5]

自動化された放射線管理システムによってモニタリングされた発電所内部含む30km範囲では放射線の値に変化はなかった[5] 。この発電所の管理者は事故のうわさに反論し、3号機は「短期的な予定外のメンテナンス」で止められ、2009年の8月31日に再稼動を行うと発表した[6]。スウェーデンの新聞紙ダーゲンス・ニュヘテルは8月29日に冷却水漏れが起きたとする短い通知を発行した。この問題は重大とされたが、即時の環境への放射線漏洩のリスクはなかった。この記事はフィンランドの放射能・原子力安全機関であるSäteilyturvakeskus英語版の声明を参照していた

原子炉[編集]

原子炉[7] 原子炉形式 正味発電量(MW) 総発電量(MW) 建設開始 送電開始 商業運用 停止
1号機 (Leningrad - 1) RBMK-1000 925 1,000 1970年3月1日 1973年12月21日 1974年11月1日 2016年 (計画)
2号機 (Leningrad - 2) RBMK-1000 925 1,000 1970年6月1日 1975年7月11日 1976年2月11日 2017年 (計画)
3号機 (Leningrad - 3) RBMK-1000 925 1,000 1973年12月1日 1979年12月7日 1980年6月29日 2024年 (計画)
4号機 (Leningrad - 4) RBMK-1000 925 1,000 1975年2月1日 1981年2月9日 1981年8月29日 2025年 (計画)
燃料把持装置 

関連項目[編集]

[編集]

外部リンク[編集]