ハコネウツギ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ハコネウツギ
Weigela coraeensis1.jpg
分類
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 Eudicots
階級なし : キク類 Asterids
階級なし : キキョウ類 Campanulids
: マツムシソウ目 Dipsacales
: スイカズラ科 Caprifoliaceae
: タニウツギ属 Weigela
: ハコネウツギ
W. coraeensis
学名
Weigela coraeensis Thunb. (1794)[1]
シノニム
和名
ハコネウツギ(箱根空木)、
ベニウツギ[1]

ハコネウツギ(箱根空木[4]学名Weigela coraeensis)とはスイカズラ科の植物の1種[5]。別名はベニウツギ[1]ともよばれる。

分布・生育地[編集]

日本の北海道南部から九州まで分布する[6][4]。海岸近くに自生するが、公園樹庭木垣根などにも植えられる[6][4]。「箱根」と名につくが、神奈川県箱根には自生しない[6]

特徴[編集]

落葉広葉樹低木から小高木で、高さ4メートル (m) になる[6]。樹形はよく株立ちするが、老木になると主幹が太くなり、上方で枝がよく生い茂る[4][5]樹皮は灰褐色で、一年枝は褐色で縦長の皮目がある[4]。枝は弓なりになって伸びるのが特徴的である[4]。枝が古くなると灰褐色となり、稜ができる[6]。葉は対生し、長さ8 - 16センチメートル (cm) の広楕円形から広倒卵形で、裏面の葉脈に沿って毛がある[6]葉縁には鋸歯がある[6]

花期は5 - 7月[6]。枝先と葉腋にを1 - 3個ほど咲かせ、白い花が次第に赤へと変化する[6][5]花冠は長さ30 - 40ミリメートル (mm) の漏斗状で、ニシキウツギに似ているが、花冠の筒部は中央から急に太くなる点で異なる[6]。果期は10 - 11月[6]果実は長さ約3 cmほどある[6]

冬芽は、芽鱗が多数つき、頂芽側芽より大きく、側芽は枝に伏生する[4]。側芽のわきにつく葉痕は、三角形や倒松形で維管束痕が3個つき、両側から稜が出る[4]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Weigela coraeensis Thunb. ハコネウツギ(標準)” (日本語). BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2022年12月24日閲覧。
  2. ^ 植物の命名において、普通19世紀かそれ以前の著名な園芸上の文献で見られるが、適切に公表されたことのない名を表す。hortulanorumの略。
  3. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Weigela amabilis (Carrière) Hort. ex Hook. ハコネウツギ(シノニム)” (日本語). BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2022年12月24日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h 鈴木庸夫・高橋冬・安延尚文 2014, p. 24.
  5. ^ a b c 姉崎一馬 『ヤマケイポケットガイド13 野山の樹木』、株式会社山と渓谷社、2004年(2000年初版) ISBN 4635062236 269頁参照
  6. ^ a b c d e f g h i j k l 西田尚道監修 学習研究社編 2009, p. 36.

参考文献[編集]

  • 鈴木庸夫・高橋冬・安延尚文 『樹皮と冬芽:四季を通じて樹木を観察する 431種』誠文堂新光社〈ネイチャーウォチングガイドブック〉、2014年10月10日、24頁。ISBN 978-4-416-61438-9 
  • 西田尚道監修 学習研究社編 『日本の樹木』 5巻、学習研究社〈増補改訂 ベストフィールド図鑑〉、2009年8月4日、36頁。ISBN 978-4-05-403844-8 

関係項目[編集]