ノコヘリハコヨコクビガメ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ノコヘリハコヨコクビガメ
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
: カメ目 Testudines
亜目 : 曲頸亜目 Pleurodira
: ヨコクビガメ科 Pelomedusidae
亜科 : アフリカヨコクビガメ亜科
Pelomedusinae
: ハコヨコクビガメ属 Pelusios
: ノコヘリハコヨコクビガメ
P. sinuatus
学名
Pelusios sinuatus
(Smith, 1838)
和名
ノコヘリハコヨコクビガメ
英名
East African serrated mud turtle

ノコヘリハコヨコクビガメ(鋸縁箱横首亀、学名Pelusios sinuatus)は、ヨコクビガメ科ハコヨコクビガメ属に分類されるカメ

分布[編集]

エチオピア南東部、コンゴ民主共和国東部、ケニアジンバブエスワジランドソマリア南部、タンザニアボツワナ東部、南アフリカ共和国北東部、モザンビークルワンダ

形態[編集]

最大甲長46.5cmでハコヨコクビガメ属だけではなくアフリカヨコクビガメ亜科(アフリカヨコクビガメ科とする説もある)最大種。オスよりもメスの方が大型になり、オスは最大でも甲長35cm程。上から見ると中央より後方で最も幅が広くなる細長い卵型。縁甲板後部が鋸状に尖り、成長に伴い滑らかになるものの突起が残る個体もいる。種小名sinuatusは「鋸歯状の、鋸歯のある」の意で、縁甲板後部の突起に由来する。和名や英名(serrated=鋸歯状の)も同義。甲板は初生甲板や成長輪が明瞭に残り、放射状の皺が入る。背甲と腹甲の境目(橋)には、脇の下に明瞭な甲板(腋下甲板)がある。背甲の色彩は黒や灰色。腹甲は大型で、左右の肛甲板の間に深い切れこみが入る。腹甲の色彩は黄色や黄褐色で、縁は黒い。

頭部は大型で、厚みがある。上顎の吻端はやや突出し、先端が凹み二股に分かれる。下顎には2本の髭状突起がある。頭部の色彩は黄色味がかった灰色や赤みがかった灰色、緑褐色と変異が大きい。

幼体の背甲は褐色。椎甲板には筋状の盛り上がり(キール)があるが、第5椎甲板のみ瘤状のキールを残し消失することが多い。オスの背甲は扁平だが、メスは箱状に盛り上がる。

生態[編集]

低地から標高1500mまでの主にサバンナにある流れの緩やかな河川等といった、乾季になっても干上がらない水場に生息する。

食性は動物食傾向の強い雑食で、昆虫類甲殻類貝類ミミズ魚類両生類、動物の死骸、果実等を食べる。水場を訪れた大型哺乳類についている、ダニを食べることもある。

繁殖形態は卵生。生息地北部に分布する個体群は7月に、生息地北部に分布する個体群は10-翌1月(場合によっては4月)に産卵する。水場から離れた場所に深い穴を掘り、1回に7-25個の卵を産む。

人間との関係[編集]

生息地では食用とされることもある。

ペットとして飼育されることがあり、日本にも輸入されている。クリイロハコヨコクビガメ程ではないにせよ次いで流通量は多く、野生個体だけでなく繁殖個体も流通する。飼育は難しくないのだが、最大甲長40cm以上と大型化するため大型のケージが用意できない限り一般家庭での飼育には向かない。野生個体は偏食することもあるが、多くの場合人工飼料も含めて餌付くは良い。幼体は特に低温に弱いため注意が必要。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 千石正一監修 長坂拓也編 『爬虫類・両生類800図鑑 第3版』、ピーシーズ、2002年、168頁。
  • 海老沼剛 『水棲ガメ2 ユーラシア・オセアニア・アフリカのミズガメ』、誠文堂新光社2005年、110頁。
  • 安川雄一郎 「アフリカヨコクビガメ亜科の分類と自然史 その2」『クリーパー』第35号、クリーパー社、2006年、7、41-45頁。